高速道路上でのガス欠!

高速道路上でガス欠にしてしまった場合、道路交通法違反で反則金・減点の対象になります。

反則金はいくら?点数は?

反則金9000円 違反点数2点となっています。

基本的に高速道路上ではやむを得ない場合を除き、駐車停車は禁止です。その為、自らの過失で燃料切れを起こしてしまった場合には運転者に反則金と違反点数が課せられることになります。

とはいえ、予測できずに事故渋滞などに巻き込まれることもあります。その際に燃料の残りが少なく不安にった経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

目安ですが、普通車の場合燃料残量が減っていることを知らせるランプが点灯してからも約60キロくらいは走行できるようです。もちろん状況によって燃費は大きく変わりますのでなんとも言えませんが一つの目安としてそれぐらいを想定して設計されている場合が多いようです。

トラックの場合には燃料タンクの仕様などにより大きく異なりますので、一律に目安を表すのは難しそうですね。

警告ランプが追加たら最寄りのガソリンスタンドで給油するのが一番です。
高速道路上で次のスタンドまで燃料が持たなさそうだと判断したら、一度高速道路を降りて、一般道で探したほうが安全ですね。

また、万が一ガス欠になった場合でも一般道であれば、高速道路とは違い安全な場所に移動することも容易です。落ち着いて近所のスタンドを探したり、JAFを呼ぶなどの対応もできます。

 万が一高速道路上でガス欠になった場合はどうしたらよいでしょうか?

①ハザードをつけて、後続車に停車を知らせながらなるべく左に寄せて停車
②発煙筒・三角停止板を用意
③後方に注意しながら可能ならば左側のドアから外へ脱出
④発煙筒・三角停止板を安全に注意しながら設置
⑤路外の安全な場所にて待機

2次災害等の抑止のためにも迅速に、対応し身の安全を確保しましょう。

UD H22 クオン 4軸低床 セルフ4段クレーン  画像2UD H22 クオン 4軸低床 セルフ4段クレーン  画像12