不正軽油の検査方法

不正軽油を使っているとトラックにも様々な弊害が起こってきます。

例えば、以下のようなものがあるのではないでしょうか。
・燃費が悪くなった
・馬力が落ちた
・オイルの汚れが早い

また、不正軽油は見た目では以下のような特徴があるといわれています。
・泡切れが早い
・軽油が茶褐色がかっている

こういった不正軽油を素人が見た目やにおいで判断するのは非常に困難です。

そこで試薬を使って検査することもできます。

・クマリン検査キット
灯油や重油にはクマリンといわれるピンクがかった着色料が添加されています。これは、軽油との判別をしやすくするためにあえて着色しています。

この試薬を使うことで、使用している燃料にクマリンが含まれていないかどうかを確認することができます。

・不正軽油チェッカー
燃料中に含まれる、硫黄含有量などを検査する高性能な検査機器になります。
専門の業者などであれば購入も手かもしれませんが、非常に高価なようです。

・軽油比重計検査
燃料の比重から適切な軽油かどうかを検査する方法だそうです。
検査キットは1検査当たり1万円前後とのことです。

冷凍機

クオン3軸

 

 

 

 

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。