トラックのスピードリミッター

【速度抑制装置】

大型トラックの後ろを走っていると「速度抑制装置付」と書かれた黄色いステッカーを目にした方も多いのではないでしょうか。

トラック

大型トラックにはスピードリミッターが取り付けられており、アクセルをいくら踏んでも指定速度以上には出ないようになっているということを示しています。

そしてその指定速度というのは90キロ。

高速道路で、追い越そうかやめようかと迷っているトラックを見たり、追い越し車線にいるのに勢いよく追い抜き出来ないのはリミッターがついているからなのですね。

【リミッター装着の背景】

昔のトラックにはリミッターなどなく、高速道路を速度超過して走るトラックも多数いました。

その走行状況もあり、高速道路上での重大な追突事故が後を絶たず、死亡事故も恒常的に発生していたことから2003年9月に車両総重量8トン以上または最大積載重量5トン以上のトラックには装着が義務づけられました。

装着が義務化されてからは、約半分近くにまで速度超過での追突事故は減ったようです。

【バスにもリミッターはあるの?】

実はバスは装着が義務付けられていません。

バス

過去の事故率を調べてもトラックに比べて低く、トラックに比べると保有台数も少ないことから義務化されていないようです。

また、バスの半数以上は高速道路を走行しない路線バスということも影響しているようです。

平成24年1月 682,666km 実走行 SKG-FD7JLAA

平成24年1月
682,666km 実走行
SKG-FD7JLAA

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。