デジタコってなに?

デジタコの前にタコグラフとは一体どのよなものでしょうか?

タコグラフとは、運行時間や速度の変化などを可視化し、どのような運行をしていたかを把握するため自動車に搭載する「運行記録用計器」のことを指します。

そして、デジタコとは、正式名称を「デジタル式運行記録計」といい、運行記録をデータで管理するタイプの記録計を指します。

UD H22 クオン 冷凍車 両サイド観音扉 キーストン 画像1UD H22 クオン 冷凍車 両サイド観音扉 キーストン 画像22

デジタコは様々なデータを記録することが可能です。
例えば、走行時間や走行速度は勿論のこと、休憩時間や荷降ろしの待機時間などです。

様々なデータを活用できるため、より一層の安全管理や労務管理につながると同時に、ドライバーへの安全運転励行の啓蒙にも繋がる可能性が高いです。

また、GPSや通信装置を使い、リアルタイムでトラックのデーターを把握できるものなどもあり不安全運転の前に直接ドライバーへ警告することも可能になっています。