大型トラックにハイブリッド車が追加予定

日野の大型トラック「プロフィア」に来年の夏に、ハイブリッド車が追加されるとのことです。

2018年の7月に日野自動車が発表しました。

大型トラックの分野においては、今までエンジンのダウンサイジングや燃料の噴射圧の高圧化、吸気の冷却などで燃費効率を高めてきましたが、ついに乗用車同様にハイブリットの時代に突入するようです。

【どんなハイブリッド??】


プリウスなど乗用車のハイブリッドに乗ったことのある方はわかるかもしれませんが、通常のエコ発進の場合にはエンジンでなく電気の力=モーターで発進します。

その為、ストップ&ゴーの多い街中走行で最も威力を発揮します。

しかし、大型トラックの場合あの重量級の車体をモーターで動かす・・・・

無理なのでは??

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

事実、発進の際には電気ではなく、エンジンの力で発進するということです。

実は乗用車のハイブリッドシステムとは違い、一定速度で巡行中にモーターの力を使うとのことです。

【トラックの回収電力はすごい】

トラックは重量級であるため、減速するのも大変です。

その為、ブレーキも通常のフットブレーキ・排気ブレーキ・リターダなど複数のブレーキを組み合わせて使っているほどです。

そこで、高速道路の下り坂等、エンジンブレーキを使うような場面で回生ブレーキを使い電気を作るという方法が考えられました。

そして、その電気を定速巡行時のモーターの動力にするという方法がとられました。

また、大型トラックの下り坂での回生エネルギーは、なんと小型トラックの10倍にも及ぶそうです。

【燃費改善】

実走行実験データによると、約15%ほど燃費改善しているようです。

年間の軽油の消費量が15%抑えられると考えると大きいですね。

軽油

 

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。