メッキパーツのお手入れ方法

トラックなどでは、メッキパーツを使っている車両も見受けられます。

一般的にメッキパーツは手入れが難しく、時間の経過とともに表面が曇ってくると言われていますが、どのようにお手入れすればよいのでしょうか?

三菱 H18 ファイター 平 アルミブロック PG付 ★ 画像1

まずは、汚れたまま放置しないことが一番です。
汚れの中には様々な物質が含まれており、鉄分を含んでいる場合には鉄分が酸化してサビの茶色がメッキに付着してしまったり、化学薬品がメッキの表面を酸化させ曇らせてしまったり・・・・

こうならないように、綺麗に保っておくことが大事ですね。

まず洗車の際にはケミカル系の洗剤は避け、スポンジで優しく洗うようにしましょう。

次に、大事なのは洗い流すことです。この洗い流しが不十分だと、残ってしまった洗剤成分がメッキの劣化を助長してしまうことがあります。

十分に洗い流しましょう。

そして、酸化防止のためにワックスを塗っておいたほうが長持ちすると言われています。

またメッキ専用のコーティング剤等の販売もありますので、そういったものを使ってみるのも一つの手ですね。

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良い中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。お気軽にお問合せください。

三菱 H20 スーパーグレート トラクタ(キャリア用)★ 画像3