保冷車と冷凍車の違い

保冷車と冷蔵・冷凍車という車があるのを聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この2つは非常に似た様な名前になっていますが何が違うのでしょうか?

保冷車

保冷車とはトラックの荷台に大きなクーラーボックスのように断熱材を仮装した箱を積んでいます。

なので、荷室に積んだ荷物を冷蔵庫のように冷やすことは出来ません。

冷たいものは温まってしまうのを抑えることは出来ますが冷やし続けることはできません。

 

冷蔵・冷凍車

冷蔵冷凍車は、下の写真のような冷凍機をトラックに装備しており、冷蔵庫や冷凍庫の様に荷室の温度を下げることができます。

冷凍食品を長距離輸送するときなどは、低温状態をキープしないといけないので低温冷凍車が使用されることがあります。

任意の温度を保つことができるのが特徴です。

また、低温冷凍車はなんと荷室をマイナス30度くらいまで下げることができます。家庭用の冷蔵庫の冷凍室はマイナス20度くらいのものが多いので、家の冷凍庫よりも冷たいですね。
いすゞ H17 ギガ 低温冷凍車 キーストン ジョルダー 画像14冷凍機
高性能な冷凍機を積み、中の冷気が逃げないように分厚い断熱材で箱が架装されています。

まとめ
①保冷車はトラック自体で温度を下げることは出来ない。
②冷蔵・冷凍車はトラック自体で温度を下げることができるので、任意の温度を維持することができる。

 

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック・中古トラックを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

同じトラックでも1ナンバーと8ナンバーがあるのはなぜ?

8ナンバートラックってどんなトラック?

皆さんも道を走っていて下の写真のように見た目はほぼ同じなのにナンバーが1ナンバーと8ナンバーがあることに気が付いたことはないでしょうか?

いすゞ H19 フォワード 冷凍ウィング スタンバイ付 ★ 画像48ナンバーのトラック

日野 H18 レンジャー ワイドアルミウィング 格納PG 画像7こちらは1ナンバーのトラック

この8ナンバーというのは一般に特種用途自動車と言われるものです。もともとの車体に改造を加えたものが特種用途になります。

上記の写真の8ナンバーのトラックは冷凍・冷蔵機を車体に載せるという改造をしているので特種用途になります。冷凍・冷蔵機を載せて荷室の温度を下げて、生鮮食品や冷凍食品を運べるように改造されています。
冷凍冷蔵車のお蔭で、暑い夏に冷たいアイスクリームを食べることができますね。冷凍・冷蔵車は保温性を高めるために荷室の壁に断熱材を用いています。この断熱加工のみを施し、冷凍・冷蔵機を載せないトラックを保冷車と呼びます。

保冷車は特種用途には該当せずに、車両のサイズによりますが、1ナンバー・4ナンバー車両となります。

また、冷蔵冷凍車は断熱材の厚さ、冷蔵冷凍機の能力により保てる温度が異なってきます。アイスクリームなど、解凍したら商品にならない場合には-25度まで対応できるもの等もあります。用途に応じて、しっかりと検討して購入することが大事ですね。

ワイズトラックではより良い中古トラック・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来場をお待ちしております。お気軽にお問合せください。

トラックのバック時のブザー音

トラックがバックする際に、「ピーピー」などというバックブザーを聞いたことはあるのではないでしょうか?
あのバックブザー音を出さなければならないのは義務なのでしょうか?

いすゞ H23 フォワード 増トン 低温冷凍車 キーストン 画像1

法律上には明確に定められていない

道路運送車両法の保安基準43条によって、以下のように定められています。

自動車(緊急自動車を除く。)には、車外に音を発する装置であつて 警音器と紛らわしいものを備えてはならない。ただし、歩行者の通行 その他の交通の危険を防止するため自動車が右左折、進路の変更 若しくは後退するときにその旨を歩行者等に警報するブザその他の 装置又は盗難、車内における事故その他の緊急事態が発生した旨を 通報するブザその他の装置については、この限りでない。

つまり、バックブザーの装着は義務では無いのですが、トラックメーカーがバック時の事故防止のために装備しているというのが現状です。

バックブザーが鳴らない車もある?
日野 レンジャー 低温冷凍車 PG付  画像7

近隣への配慮として、音の出ないようになっているトラック、または音が小さくなるトラックがあります。
配送などで、住宅地近辺で夜間や早朝に作業を行う際に、ブザーの音が騒音になることもあるため、対策として音を消したり減らせるようになりました。ご近所さんへの思いやり対策ですね。

各メーカー・車種によって違いますが、以下のような設定をしているメーカーもあります。

日野自動車   車種によりライトと連動して消える
いすゞ      オプションでオンオフ設定可能
三菱ふそう    車種によりライトと連動して消える

バックメロディーは違法??

  トラックのバックブザーについての詳細は、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示で定められていますが、この中には音色についての基準も記載されています。
※道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第141条

警音器の警報音発生装置の音色、音量等に関し、保安基準第43条第2項の 告示で定める基準は、警音器の警報音発生装置の音が、連続するもので あり、かつ、音の大きさ及び音色が一定なものであることとする。この 場合において、次に掲げる警音器の警報音発生装置は、この基準に適合 しないものとする。

1.音が自動的に断続するもの
2.音の大きさ又は音色が自動的に変化するもの
3.運転者が運転者席において、音の大きさ又は音色を容易に変化させる ことができるもの

「バックメロディー」などはこの項目に違反してしまうことになります。

車検時は取り外す必要がありそうですね。

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古冷蔵車・冷凍車・中古トラック・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。お気軽にお問合せください。