東北から静岡方面への高速道路

オリンピックに向けて、国内の高速道路も着々と開通準備が進んでいるようです。

そんな中近年話題になるのが、圏央道の利便性です。

まだ、渋滞も少なく南方面へ抜けるなら使いやすい!という声もよく聞きます。

高速道路

しかし、圏央道をぐるっと遠回りしていくと、どれくらい遠回りになるのでしょうか?

試しに亘理→沼津で計算してみます。

〇首都高経由の場合=444キロ
料金:普通車 ETC使用=10,260円
通常料金:11180円

〇圏央道経由の場合=484キロ
料金:普通車 ETC使用=8220円
通常料金:11880円

とうことで、距離的には約+40キロ多く走ることになりますが、利用料金は実は安いということになります。

燃費を12KM/Lとして考えた場合、40キロ多く走ると3.33L消費します。

レギュラーガソリンの単価を150円として考えた場合、約500円燃料代は余計にかかりますが、高速代は△2040円お安いということは差し引き約1500円のお得になります。

ちょっと、遠回りした分、休憩してお茶を飲んでも元は取りそうですね。

さらに渋滞が少ないならばやはり使い勝手はいいですね。

運営側としても、車両を都内方面ではなく圏央道側に誘導し、オリンピック時の都内の渋滞を軽減させたいという狙いがよくわかります。

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。