運転中のイライラ防止と眠気防止

運転中のイライラ

運転中にいろいろなことが原因でイライラしてしまうこともあるのであはないでしょうか?

そんな時に、「あ~こんなにイライラして、自分よ落ち着け!」と自分でメンタルコントロールをして行かなくてはいけません。今回は、自分の心を静めるちょっとした方法をご紹介したいと思います。

まず、人は「心が変われば行動が変わる、行動が変われば結果が変わる」と言われますが、「行動が変われば、心が変わる、行動が変われば結果が変わる」ともいえるでしょう。

即ち、イライラして車間距離を詰めるような運転をしていては益々自分自身のイライラをヒートアップさせていくことになるのです。
前の車との車間距離を詰めても、早く目的地に到着することは出来ません。

即ち、車間距離をいつも以上に空け、マニュアル車であればマニュアル操作のタイミングをゆっくりとエコ運転をするのです。セミオートマなどであれば、惰性走行の時間を意識的に長めにとる。そうすると、行動がゆっくりになるので自分の心もリラックスし始めます。

そして、糖分の多いチョコレートや飴などを食べるのです。当分は脳に対して「安心感」を与えるエンドルフィンの分泌を促します。

こうすることで、車間距離が空いているので、割り込まれても急ブレーキを掛けることも少なくなりますし、視野が広くなるのでイライラせずに安全運転ができます。

運転中の眠気

これにも糖分は有効なのです。
頭が疲れて眠いなというとき、脳にとって一番のごちそうは糖分です。
脳は、糖を栄養にして稼働していますので吸収の早い糖分を採ることで眠気を防止することができます。

飴やガムなどもいいですね。

最近では、ドライバーの視線を赤外線カメラで監視し、居眠りの傾向が見られたときに警告するというトラックのシステムもあります。
日々トラックがハイテク化していきますね。

事故が、一件でも減ることを祈るばかりです。

日野 H18 レンジャー 低温冷凍車 PG付 画像1三菱 H22 スーパーグレート ハイルーフアルミウィング 画像1いすゞ H19 ギガ 3軸 平 アルミブロック リーフサス 画像1

いすゞ H20 いすゞ ギガ トラクタ(キャリアカー用)  画像1日野 H27 レンジャー 平 4段クレーン 未使用車 ☆ 画像1日野 H19 レンジャー ダンプ 実走8.8万km ★ 画像1

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良い中古トラック、中古トレーラー、中古冷凍冷蔵車を多数取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。