渋滞の原因

渋滞はなぜ起きるのでしょうか?

渋滞が起きる原因はいくつもありますが、今回は下記のものをご紹介します。

道路の勾配が原因の渋滞

道路のアップダウンのなかで緩やかな上り坂に差し掛かった際に、自車の車速が低下している事に気がつかず走行していると、数台は同じように減速して行くのでよいのですが、何台も広報に連なっていると、下り坂部分を走行中の車にも影響をあたえるようになります。

前の車が上り坂で減速しているので、下り坂の途中でブレーキを踏まないといけなくなります。そうすると、どんどんブレーキを踏み減速する連鎖が後方の車両へと影響を広げていきついには完全に停止してしまうということになります。

このようにして渋滞が発生してしまいます。

渋滞を回避するためには、すべての車が上り坂での速度低下を意識的に回避するようにしっかり速度維持することですね。そして、車間距離を長めに取り、前の車が速度低下してもブレーキを即座に踏まなくてもいい状態を作って置くのも一つの方法ですね。

UD H28 クオン 4軸低床 冷凍ウィング ★ 画像1

トラックの場合には目線が高く、先が見渡しやすいのでより、先を予想した運転がし易いですね。

また、渋滞中にイライラして車間距離を詰めて、ブレーキとアクセルを頻繁に踏み変えるような運転は、ますます渋滞を悪化させることになります。
とはいっても、渋滞中のストレスはつきもの。上手に解消しながら、気分を落ち着かせられるように事前に冷たい飲み物を買っておいたり、好きな音楽を聞けるようにしておいたりなど、事前対策が大事ですね。