高速を通行止めで一旦降りた場合の料金計算

高速道路は長距離を乗ると料金が割安になる、「長距離逓減制」という料金体系で運営されています。

しかしながら、通行止めの区間があり一旦降りてしまうとそれまで走ってきた距離のカウントがゼロになってしまい料金が逓減されなくなってしまいます。
通行止めになっているのはドライバーの責任ではないのに、料金が高くなるのは不公平ではないか??という疑問がわいてきます。

通行止め

例えば、浦和からワイズトラックのある二本松まで4トン車で高速を利用したとします。
平日昼間の料金だと6,590円です。
もし、途中の那須で一旦降りたとします。
浦和から那須までの高速料金は4,660円
那須から二本松までは2,820円  ということは合計 7,480円

なんと890円高くなります。

そのため、通行止めで一般道への流出を余儀なくされた場合には、いったん高速を降りても距離逓減を受けることができるようになっています。

【ETCの場合】
通常通り通行してしてください。
通行時に表示される料金は、距離逓減を考慮した料金では表示されず通常料金の表示になっていますが、請求時には料金調整した金額になっているそうです。

【ETC非装着車】
通行止めのインターで流出する際に「乗り継ぎ証明書」をもらうことができます。
その「乗り継ぎ証明書」を最終流出のインターで係員に出すことで、距離逓減を考慮した調整後料金を支払えばいいようになります。

なお、料金調整の計算式は以下の通りです。
以下の計算をして算出された金額が、請求される高速料金から差し引かれるようです。
A:出発インター
B:通行止めで流出したインター
C:再流入したインター
D:最終目的インター  ※通行止め区間はB-C間

AD-(BD-CD)-AB

ただし、以下に該当する場合は、その料金を収受させていただきます。

  1. AD-AB<0円場合 D=0円
  2. BD-CD<0の場合 D=AD-AB
  3. AD-(BD-CD)-AB<0かつ|AD-BD|+CD-AB≧0であれば
    D=|AD-BD|+CD-AB

ちょっと複雑ですが、ちゃんと考えられた仕組みになっていますね。

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。

UD H24 クオン 3軸冷凍車 サイドダブル観音扉 画像1UD H24 クオン 3軸冷凍車 サイドダブル観音扉 画像5UD H24 クオン 3軸冷凍車 サイドダブル観音扉 画像15

リフトアクスル装置とそのメリット

皆さんが道路を走っている時に、トレーラーを見て「あっれ、後輪が浮いてる!」って思ったことはありませんか?

リフトアクスルという装置によって後輪を浮かせています。

リフトアクスルとは?

トレーラーの軸重をコンピューターが管理して、軸重が軽いから車輪を上げる、重いから下げるといったことを自動で行っています。

なんのための機能なの?

・タイヤやブレーキシューの寿命を延ばすため
・タイヤを浮かせる事で転がり抵抗を減らし、燃費を向上させるため
・小回りが効くようになる

一番のメリットは高速代金が安くなる ということでしょうか。
特大から大型に変わることで高速代金が約4割安くなる計算になります。
但し、安くなるのは軸以外の後輪が浮いている時なので、空車時のみになります。これは手動ではなく自動なので、任意に操作することはできません。

NEXCOが定めるトレーラーに対する高速料金の課金の定義が以下になります。

【大型トレーラー(高速料金は普通車の1.65倍)】
けん引普通車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両、
けん引中型車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両及び
けん引大型車(2車軸)と被けん引自動車(1車軸)との連結車両。

【◎特大トレーラー(高速料金は普通車の2.75倍)】
けん引中型車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両、
けん引大型車と被けん引自動車との連結車両で車軸数の合計が4車軸以上のもの及び
特大車がけん引する連結車両

三菱 H20 スーパーグレート 3軸アルミウィング ★ 画像1三菱 H6 グレート ◆花見台 重機運搬トレーラ セット 画像2

 

ワイズトラックでは良質な中古大型トラックや中古中型トラックを取り揃えて
皆様をお待ちしております。ワイズトラックホームページはこちら。

首都圏の高速道路料金の改正(案)について

高速道路を利用する機会の多いトラックドライバーの皆様、運送会社の皆様にとって高速料金の変更は非常に気になるところです。
今回は平成28年4月に改正予定の首都圏の高速代金の改正についての記事です。

首都高速道路株式会社Webサイトより引用
首都圏の新たな高速道路料金(案)

(1)対距離制を基本とした料金体系へ整理・統一されます

○料金水準の統一
圏央道を含むその内側の高速道路の料金水準が、現行の「高速自動車国道の大都市近郊区間」の水準に統一されます。

○車種区分の統一
首都圏の高速道路の車種区分が5車種区分に統一されます。今回変更になる路線は次の通りです。

  • 首都高速:2車種 ⇒ 5車種
  • 京葉道路、千葉東金道路、新湘南バイパス:3車種 ⇒ 5車種

なお、上記の料金体系の整理・統一に当たっては、当面、次のような料金設定とします。

  • 首都高速などについては、物流への影響や非ETC車の負担増などを考慮して、上限料金などを設定します。
  • 第三京浜や横浜新道など、現在の料金水準が低い路線については、「高速自動車国道の普通区間」を目安に料金水準を設定します。

(2)起終点を基本とした継ぎ目のない料金の実現へ

都心部の渋滞等の課題に対して、圏央道や外環道の利用を促すために、ETC車の場合、出発地と目的地が同じであれば、どの経路でご利用いただいても、起終点間の最短距離の料金となります。(当面は料金体系の整理・統一における激変緩和措置を考慮し、最安値とします。)
ただし、首都高速経由の料金が高い場合には、首都高速経由の料金は引下げません。

首都圏の新たな高速道路料金首都圏の新たな高速道路料金
引用以上
この様な変更を見ると、首都高が非常に混むので迂回路として圏央道などを使って渋滞緩和に協力してくださいという趣旨なのでしょう。
今までは遠回りすると料金が高くなっていましたが、入り口と出口の最短経路で計算してくれるようになる予定なのですね。ただし、首都高速経由の場合には今までよりも高くなる場合もありそうです。

時間通りの運行を求められるドライバーには朗報の部分もあるかもしれませんね。

ワイズトラックでは皆様の安全運行を社員一同お祈り申し上げます。