ガントリークレーンってなに?

海コンを運ぶトレーラーのドライバーなら毎日のように耳にするであろう言葉です。

ガントリークレーンとは、港に備え付けの大きなクレーンで、海上コンテナを運ぶ

専用のクレーンのことを指します。

port-2467837_1280

写真中の青いものが、クレーンです。

 

このガントリークレーンを使って大きなコンテナ船に載っているコンテナを下ろし

たり、陸のコンテナを船に積んだりします

また、このガントリークレーンの使用料はいくらぐらいするのでしょうか?

 

神戸市港湾施設(平成28年4月1日時点)の場合

・揚力30.5トン以上かつ海側横行範囲40.0メートル以上のもの

1基30分につき 51,300円 とありました。

 

一日使うと考えた場合いくらになるかというと・・・・

一時間の使用=102,600円

24時間=102,600×24時間=246万2400円

 

かなりの高額です。

やはり港湾関係や船などの設備は、規模感も金額もびっくりするほどに大きいです

ね。

そして、こういった港の施設というのは誰が所有になっているのでしょうか?

各自治体ということになっているようです。

すなわち、県などが所有し、公社などが運営し一部を民間事業者へ再委託などとい

った流れのものもあるようです。

また、このガントリークレーンを運転するためにはクレーン・デリック運転士資格

があれば操縦は可能です。

 

しかし、上記にもあるように利用料も高額なことから、作業には正確性ととてつもな

いスピード感が求められます。

そのため、熟練のオペレーターしか現場では乗れないなどといった話も聞きます。

コメントは受け付けていません。