シートやエアコンを徹底清掃! 消臭しよう!

【シートやエアコンを徹底洗浄!】車を消臭する方法とは?

シートやエアコンの徹底掃除
車のドアを開け、さぁ乗り込んで・・・・なんだかにおいが気になる・・・
シートに浸み込んだ汗の臭いや、エアコンから臭うカビ、タバコの臭いなど、気になるものがありますよね。
 特に車の中で過ごす時間の長いトラックドライバーやお客様を乗せて走るバス、タクシーなどのドライバーの方にとっては快適な社内環境を維持したいものです。
ではどのように徹底掃除するのか一例をご紹介いたします。
問題:シートの臭いが気になる!いすゞ H21 ギガ 4軸低床アルミウィング リアエアサス 画像21
いすゞ H21 ギガ 4軸低床アルミウィング リアエアサス 画像3
【どんな臭いに有効で、何を用意すればいい?】
●用意する道具

  • 掃除機
  • 白いタオル(複数枚)・・・他の色でもいいですが、汚れ落ちが分かりやすいです。
  • 中性洗剤
  • バケツ
●この方法に有効な臭い元

  • シートにこぼした飲食物
  • ペット
  • タバコ

【シートを消臭させるには?】
車のシートには汗や油、食べカスなどにより、臭いが染み付きやすくなっています。そのため、定期的な手入れが、臭わない車への第一歩といえるでしょう。ではさっそく、車についた臭いの取り方を確認します。

1.目に見えるゴミを除去する
まずは、掃除機で車内清掃。掃除機で吸える食べかすや、土ぼこりを吸い取っていきます。2.表面の汚れを取る
次に、タオルをお湯に浸し水滴が出ないまで固く絞ります。シートに汚れがついている場合はこのタイミングで丁寧に拭き取りましょう。3.洗剤を使って拭く
タオルに汚れが付着しなくなったら、タオルをお湯に浸し、固く絞ります。中性洗剤を3、4滴程度タオルのに付け、タオルの表面に広げる、または中性洗剤を混ぜたお湯にタオルを浸し固く絞るでもいいです。
ただし、お湯に洗剤を溶かした場合、薄くなり過ぎないように注意してください。
このタオルを使って全体をくまなく拭いていきます。4.洗剤を落とす
その後、洗剤の付いたタオルをお湯でしっかりとゆすぎ、洗剤が落ちたら再度、シートを拭きます。この際に表面に付いた洗剤を落としていきましょう。少し緩めに絞ったタオルで水分を含ませ、乾いたタオルで叩いて汚れと洗剤を浮き上がらせる方法も有効です。

6.シートを乾かす
最後に、濡れているシートを乾拭きし、窓を開けるかエアコンをかけておきましょう。こうすることで、車内が乾燥し、カビが発生するのを防ぎます。

【シートを消臭させるには?】
上記の方法でも臭いが減らない場合は、重曹を使った消臭方法がおすすめ。やり方は簡単で、最初にシミや汚れをとった後、重曹をふりかけます。
1~2日ほど放置したら、掃除機で重曹をきれいに吸い取ります。仕上げに食用のお酢を2~3倍程度に薄めた液を付け固く絞ったタオルで拭きあげます。また、より簡単に済ませたい方は、重曹を溶かした水をシートにスプレーしても効果があります。また、洗髪に使うリンスを水に溶かした液をスプレーしてもいいです。界面活性剤が含まれているので汚れを落とし、ほのかにリンスの香りも残ります。ただし、素材によっては、濡れた場所がシミになりかねないので、注意してくださいね。

問題:エアコンを綺麗にしたい

【どんな臭いに有効?】
●この方法に有効な臭い元

  • タバコ
  • カビ
 いすゞ H21 ギガ 4軸低床アルミウィング リアエアサス 画像24

【エアコンの臭い消しについて】
車のエアコンは家のエアコン同様に、まずフィルターが重要です。まずはフィルターを交換して様子を見ましょう。フィルターはカー用品店に行けば2,000円~3,000円程度で買えると思います。交換しても臭いが取れない場合はエバポレーターとよばれる部品にカビが生えているケースがほとんど。
ただし、その部分の清掃には専門的な道具と知識が必要ですし素人が清掃した場合作業がかなり困難になる可能性があるので、ディーラーや専門的な業者に依頼するほうが安全です。

他に掃除すべき場所はある?

【ダッシュボード・ルーフ・フロアマット・窓などの消臭について】
たまに、シートやエアコンを掃除してもなお、臭いが取れない場合があります。その際の臭い元として考えられるのは、ルーフやフロアマット、ダッシュボード、窓からの臭い。フロアマットの場合は、陰干し用洗剤を使用し丸洗いした後、しっかりと乾燥させましょう。
濡れたまま社内に持ち込むと、湿気でカビの原因になります。窓やダッシュボードは、専用のクリーナーで綺麗にしましょう。また、ルーフは濡らした後に固く絞ったタオルで拭くのがオススメです。

色々やったけど、まだ臭う……

【専門家による清掃と交換のすすめ】
いろいろ試したけれども、期待した結果が出ない・・・
自分でやってだめなら業者にお任せしましょう。
洗浄のプロは汚れの気になるシートも取り外して、丸々水洗いしちゃいます。
そして、水分を専用掃除機を使って吸い乾かしていくなどの大掛かりな作業もやってくれます。

コメントは受け付けていません。