トラックのミッションの滑りを確認する

よくクラッチ板が摩耗して、クラッチが滑っているなんてことを言いますが滑っているとはどういう状態なのでしょうか?
UD H16 コンドル フルワイド アルミウィング ★ 画像16

簡単に言えばクラッチ板という2枚の板があり、エンジン側の高速回転しているさらにギア側の板をくっつけることでタイヤに動力を伝えています。その板の接触具合をクラッチで調整しています。その板を軽くくっつけた状態が半クラです。
クラッチから足を完全に離した状態が板がピタッとくっついてギアが完全につながった状態と考えてください。

半クラを多用すると、板が摩耗し、正確に力が伝わらなくなります。この状態がミッションが滑っているや、クラッチが滑っているなどといいます。

慣れたドライバーはこの滑りを体の感覚でわかりますが、感覚以外に確認する補法はないのでしょうか?

クラッチが滑っている場合の症状
エンジンの回転数よりもスピードが出ない

といっても、回転とスピードではよくわからないという方向けに他の方法をご紹介します。
*実際に行う場合には周囲に危険のない場所で、自己責任で行ってください。

①サイドブレーキを掛け、ギアを5速に入れてクラッチを一気に離す。
急に発進する危険もあるので周囲の障害物とぶつからない場所で、ブレーキを踏む準備をして行ってください。
通常の場合  :すぐにエンストします。
滑っている時  :すぐにエンストしません。少しギアが繋がってしまう感じになります。

②さらにギアをトップ側に入れて同じように試して行きます。(3速)
通常      :すぐにエンストします。
滑っている時 :①の場合よりも長くエンストしません。

こんな方法で滑りを確認することもできます。
但し、すべて自己責任で行ってくださいね。しっかり周囲の安全を確認して行うことが大事です。よくわからない場合にはやはり整備工場やディーラーに頼るのが一番です。

UD H16 コンドル フルワイド アルミウィング ★ 画像1

病気も修理も早めの対応が大事です。
最近は一日の中での寒暖差が大きく体調を崩してる方もいらっしゃるのでは・・・
早めに大事を取って安全運行で行きましょう!

 

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック、中古トレーラーを取り揃えて皆様をお待ちしております。

コメントは受け付けていません。