トラックの後ろの赤い布

トラックの荷台につけられた赤い布

 トラックの荷台に赤い布が付けられているのを見たこともあるのではないでしょうか?
長い鉄骨を積んだトレーラーなどが、積み荷の鉄骨の先に針金などを使って赤い布をぶら下げていたりします。
この赤い布は、トラック荷台からはみ出た長い荷物を積んでいますよ!注意してください!という注意喚起のための印です。

鉄骨

 

 

どのような時につけないといけないの?

 さて、トラックに積載可能な荷物の幅や長さ、高さについては、道路交通法57条で以下のように定められています。

  • 幅   自動車の幅内
  • 長さ (はみ出し幅が)全長の10%以内
  • 高さ  3.8mから積載する高さを減じたもの
    簡単に言えば、荷物の一番高いところが地面から3.8m以内であれば大
    丈夫ということです。

長さに関して言えば、トラック全長の10%以内のはみ出しの場合には、赤い布を付ける等の特別な対応は不要ということになります。

4トン車の場合の全長が7.5mとした場合⇒75cmのはみ出し迄
大型車の場合全長が11.5mとした場合  ⇒1.15mのはみ出し迄
については特別な許可はいらないということです。

これを超える場合には、交番や警察署に「制限外積載許可」を申請しないといけません。

次回は制限外積載許可の取り方についてお伝えしたいと思います。

 

コメントは受け付けていません。