トラックの燃料タンクは何リッターまで増設できるのか?

大型トラックなどでは、軽油を積んだタンクが一つだけではなく、2つ、中には3つ積んだトラックをみたこともあるのではないでしょうか?

確かに、沢山の燃料を積んで走れば、一回の給油で長い距離を走ることができるので非常に効率的になります。

しかし、そこに規制やデメリットはないのでしょうか?

fuel-meter-311685_1280charging-station-2862387_1920

 

 

 

 

 

【デメリット】

車両総重量の中で、燃料の占める重量が増えるので、最大積載量が減る
⇒積める荷物が少なくなる!

これは、大型トラックの場合、車体+荷物<25tという規制があるので、仮に車体を10トンとした場合の最大積載量は25t-10t=15tとなり最大積載量は
15トンです。

しかし、500Lの燃料タンクを増設すると、車体の重量が0.5t増えるので、最大積載量は25t-車体10t-増設タンク0.5t=14.5tとなり最大積載量が減ってしまいます。

 

【規制】

では、最大積載量が減るのを受け入れればどれだけでも燃料を積むことができるのでしょうか?

実は、法律でガソリンの場合は200リッターまで、軽油の場合は1000リッターまでしか積載できないと決まっています。

この基準を超えて積載する場合には、タンクローリーのように危険物積載車として様々な規制をクリアしないと運行できなくなってしまいます。

ということで、軽油の場合は1000リッターまでしか積めないというのが答えになります。

 

コメントは受け付けていません。