ドライバーの体重と最大積載量

トラックには最大積載量がありますが、最大積載量にドライバーの体重は含まれるのでしょうか?

最大積載はどうやってきまるの?

最大積載量は実は以下のように決まります。

最大積載量=車両総重量ーシャーシ重量-架装重量ー(55kg×乗車定員)

という計算式で決まります。よって運転手の体重は一律に55kgと決められています。

UD H24 コンドル フルワイド 低温冷凍車 格納PG 画像1UD H24 コンドル フルワイド 低温冷凍車 格納PG 画像25

よって、体重が重い人が乗る場合には最大積載量が減るという心配はありませんね。
荷台に最大積載量いっぱいまで荷物を積載して、運転手乗車したまま車両総重量を計測する場合でも、トラックの場合一人で乗務することが多いでしょうから、二人分の体重である110kg以下であれば全く問題になりませんね。 合計してもしっかりと車両総重量以下です。

結論はドライバーの体重は法律で55kgと事前に決められているので問題にならないということでした。

最大積載量を決めるのに重要なのは、架装の重量ですね。

例えば、リアにパワーゲートを架装すれば、その重量分最大積載は減ってしまいます。そのため、積む荷物に合わせて、なるべく強度が高く、軽い架装品を選ぶことで最大積載を無駄なく確保することができそうですね。

UD H24 コンドル フルワイド 低温冷凍車 格納PG 画像9

コメントは受け付けていません。