ブリジストンの特殊タイヤ

日本の有名タイヤメーカーの一つであるブリジストンですが、実は乗用車やトラックようのタイヤばかりではなく特殊タイヤも作っています。

特殊タイヤといっても、おばけのように大きい100トンダンプのタイヤなどはなんとなく想像がつくかもしれませんが、実は飛行機用のタイヤを作って世界に供給しています。

ブリジストンは100席以上の民間航空機では約40%の世界シェアを占めているようです。

飛行機タイヤ

飛行機タイヤ

 

 

 

飛行機用のタイヤはどれほど過酷な状況で使用されるかは飛行機の着陸の場面を見れば想像し易いです。

【耐衝撃】
ボーイング787などの場合、なんと約250トンもの重量の車体を250キロのスピードで着陸する衝撃に耐えなければなりません。

【耐熱】
着陸時のタイヤの表面温度は約250度程度まで上昇し、上空10000メートルの巡航中にはマイナス45度の冷温に耐えなければなりません。温度差なんと300度です。

なお、飛行機用のタイヤは200~350回の離着陸で、リトレッドを行います。
リトレッドとはタイヤの表面を剥がし、新品のタイヤ表面を貼り付け再利用する方法です。

こういった高度な技術が、我々の乗用車やトラックのタイヤ技術に生かされているのですね。
安心安全なタイヤで安全運行したいものですね。

 三菱 H18 ファイター 増トン 低温冷凍車 格納PG★ 画像1三菱 H18 ファイター 増トン 低温冷凍車 格納PG★ 画像16三菱 H18 ファイター 増トン 低温冷凍車 格納PG★ 画像9

コメントは受け付けていません。