土砂禁ダンプに土砂は積載してはいけないの??

土砂禁ダンプには土砂は積載してはいけません。

土砂禁ダンプに土砂を積載した場合の罰則等まとめ

一般的なダンプといえば土、砂、解体時のコンクリートなどを積載するダンプを想像しますが中には土砂を積んではいけないダンプがあります。
それがいわゆる土砂禁ダンプです。
一般的なダンプよりも荷台が深く設計されており、多くの荷物を積むことができます。一体何を運ぶのでしょうか??

 【土砂禁ダンプとは】

土砂禁ダンプとは、「土砂等運搬禁止車両」の通称で、「土砂を積んではいけないダンプ」を表します。
 例えば、清掃業者などは、軽量ながらかさばるものが多く、少ない量しか運べないという問題を抱えていました例えば使用済みのペットボトルを運ぶ場合などです。そこで誕生したのが、荷台のあおりを高くしたダンプ、つまり「土砂禁ダンプ」です。

 ペットボトルなどの軽いものならば、たくさん積んでも重さはさほどありません。だからたくさん積むことを許可されるわけです。

土砂を積んではすぐに過積載になってしまうので、そもそも土砂の積載を禁止しています。

【土砂禁ダンプに積載範囲内の土砂積載は可か不可か】
では、積載制限の範囲内で土砂をつんでもいいのでしょうか?
残念ながら違法です。まず土砂をダンプで運ぶためには国土交通省に対しての申請が必要なのですが、深ダンプでは許可が下りません。ということで必然的に違法となります。

ダンプ規制法(第3条・第4条)
車両総重量8t以上または最大積載量5t以上のダンプトラック等(以下「大型ダンプトラック」という。)の使用者は、国土交通大臣に申請して表示番号の指定を受け、その番号等を車両の荷台の両側面と後面に見やすいように表示することが義務付けられている。
【土砂積載に関しての罰則について】
過積載にならない量でも違法となることがわかりましたが、罰則などはあるのでしょうか?基本的には整備命令が出されます。
要は荷台を土砂を積みたいなら土砂用の普通ダンプに構造変更しなさいという命令です。それでも違法行為を続けた場合には以下のような措置を受けることになります。

土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法第20条 次の各号の一に該当する者は、3万円以下の罰金に処する。

1.第4条の規定に違反して、表示をせず、又は虚偽の表示をした者
2.第9条第1項の規定による命令に違反した者
3.第9条第3項の規定に違反した者第21条 次の各号の一に該当する者は、1万円以下の罰金に処する。
1.第6条の規定に違反した者
2.第16条第1項の規定による報告を求められて、報告をせず、又は虚偽の報告をした者
3.第16条第2項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は同項の規定による質問に対して陳述をせず、若しくは虚偽の陳述をした者

コメントは受け付けていません。