意外な盲点!屋根の雪を下ろして出発

27日、東京・江東区で、トラックの荷台から雪の塊が落ち、避けようとしたバイクが転倒する事故があった。

トラックの荷台から落ちてきた雪を避けようとした、後続の2人乗りのバイクが転倒して軽症を負ったという概要だそうです。

屋根の雪というのは意外な盲点ですね。

トラックと雪

トラックと雪

しっかり雪下ろしをしないと、後続の車に迷惑を掛けることもありますし自分自身の視界を遮る可能性もあります。

屋根の雪がブレーキを踏んだときにフロントに滑り落ちてきてフロントガラスに覆いかぶさり、視界を遮り事故を起こしたという事例もあります。

屋根の雪は、走行後少したって屋根がエアコンの熱で温められたあとに、少し溶け出した雪が一気に滑り落ちて来る可能性が高いです。
その為、発車前にしっかりと雪下ろししておくことが大事になります。

トラックなどは車高も高く大変なので、ハシゴなどを使って安全に作業をすることを心がけたいですね。

コメントは受け付けていません。