海外でも活躍する日本のトラック

日本のトラックは、日本でその役目を終えた後にさらに海外で活躍しているものも多

くあります。

 

日本では、修理代が高くつくからそろそろ買い替えかななんて思うトラックでも海

外ではまだまだ現役です。

アジア圏などでは日本語の漢字で書かれた看板を付けたままのトラックやバスが元

気に走っている姿を目にすることも多々あります。

日本で古くなって故障がちになってしまったトラックがどうして海外でそんなにま

で重宝されるのでしょうか?

UD

【理由】

・日本では修理にかかる人件費が高いが、アジアの他国ではまだまだ安い。

その為、多少修理が多くてもあまり問題ない。

 

・日本人のように新車時のコンディションを求めていない。

 

・日本人は丁寧に車を扱っているので中古でも状態がいい。

 

・日本の車検制度のように厳しい保安基準がないことが多いため、器用にも自分たち

で何とか修理箇所を改造して修理してしまうことができる。

 

・日本のトラックは、重要なパーツであるエンジン周りがやはり丈夫で壊れにくいた

め、物理的に壊れて乗れなくなるまでにはかなりの距離乗ることができる。

 

auto-2657095_1280

こういったところが主な理由の様です。

本当に日本人にとって、日本車というのは最も誇れる工業製品の一つですね。

 

コメントは受け付けていません。