空飛ぶトラック

空からのきれいな映像を手軽に取れるドローン。

drone-592217_1920

みなさんも聞いたり、触ったりしたことがあるのではないでしょうか?

このドローンの技術を使って、空飛ぶトラックの開発が進められています。

しかも、自動操縦だそうです。

こう聞くと、子供の頃に見ていたドラエもんの世界のような話かもしれませんが、実

際に実用化までの具体的な時期は出ていないにしろ、実験段階では成功しているそう

です。

また、ものを運ぶ空飛ぶトラックだけでなく、人を運ぶ大型ドローンのバス?もで

きているようです。

アメリカのオスプレイなどの開発をしている「ベル」や航空機で有名な「エアバ

ス」なども研究に力を入れておりベル社は日本の宅配大手ヤマトHDと共同で開発にあ

たっているとのことです。

aircraft-60535_1920

しかし、実用化に向けては課題が山積しており、空の交通ルールはどうするの?と

いった整備もしなくてはなりません。

 

地上での自動運転の交通ルールもまだ整備されていない中、空のルールの整備はどう

なるのでしょうか?

一応政府でも検討委員会が設立されているそうですが・・・

そして、素朴な疑問ですがみんなが空飛ぶ車を使いだしたら道じゃなくて空が大渋

滞するというようなこともあるのでしょか。

まだまだ、身近に感じることはできませんが研究開発はだいぶ進んでいるようです

ね。

その前に、我々にとっての重要事はやはり自動車をはじめとするトラックの自動運

転ですね。

一部の記事によると、完全自動運転が実用化されるとドライバーはあくまでの緊急

時の対応のみの管理職になり、運転中に寝ていても大丈夫だそうです。

また、現在は絶対厳禁の飲酒運転ですが、完全自動運転と言われるレベル4の自動

運転以上になれば飲酒して帰ることもできるかもしれないそうです。

近年若者のお酒離れもあり、国内のお酒の消費量は減少傾向にありますが自動運転

によって、気兼ねなく飲みニケーションを楽しもうとする動きも出てくるかもしれま

せんね。

今後の陸と空の自動運転に注目ですね。

コメントは受け付けていません。