荷崩れしてトラックの荷台から荷物が落下・・・対処法と違反点数

特に平ボデーのトラックなどで、積荷の固定がしっかりできておらず落下させてしまった、または落下しそうな不安定な状態になってしまったという経験をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日野 H20 レンジャー 平ボディ ★ 画像6

道路上に積荷を落下させてしまった場合には運転者の責任になってしまいます。
まずは落下しないようにしっかりと固定することが一番ですが、万が一落下させてしまった場合の取締についてです。

・転落等防止措置義務違反となり、取り締まりの対象

車種  大型車  普通車  小型特殊
反則金 7,000円   6,000円  5,000円
違反点数 1点   1点    1点

この様な行政罰が課せられます。ただし、これは積荷の落下が原因で事故が起きていない場合です。事故が起きてしまった場合には人身事故等の理由により別途点数の加算のある場合があります。

【転落等防止義務とは?】
・積載物が落下したり、飛散したりしないように適切な対応をしなさいと定めている法律です。

確かに、細かい石灰のようなものを積んだダンプがシートもかけずに走行していたら一面真っ白になってしまいますよね。このようなことが原因で事故の起きないように、運転者に適切な積み込みと、適切な防止策を法律で課しました。

高速道路で積荷を落下させた場合には、高速自動車国道等運転者遵守事項違反での切符を切られることになります。しかも点数は2点になり、反則金も高額になってきます。

【安全策】
1、固定に用いる用具に損傷や痛みがないか確認する。
2、ロープ等での固定個所を多めにとる。
万が一このロープが切れてもこちらで固定されているから大丈夫!というように予備の養生
をとる。
3、出発前にもう一度確認、休憩時に確認、高速道路に乗る前に確認

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック、中古トレーラーを取り揃えて皆様をお待ちしております。

 

コメントは受け付けていません。