長距離運転のコツ!

トラックドライバーという職業柄長距離を運転する機会も多いかと思います。

そんな時に、ちょっとした工夫で疲れを軽減する方法についてです。

長距離運転での疲れとしては・・・
・眠気
・足のだるさ
・肩の張り
・背中の張り
といった種類の疲れが代表的ではないでしょうか?疲れ

このような疲れを軽減するにはどういった方法が有効なのでしょうか?

 

実は、解決策の一つに「窓を少し開けて、歌を歌う」という方法があります。

「な~んだそんなことか!?」と思った方もいらっしゃっるかもしれませんが実はかなり理にかなった方法なのです。

その1 腹式呼吸
歌を歌うことで、深い腹式呼吸をすることになり、血中の酸素濃度が適度に上がり気分的にすっきりするようになります。

その2 運動
発声をすることで、横隔膜や腹筋の運動量が増え体内の血行を促進します。
結果、疲れが軽減されるということです。

その3 窓を少し開ける
窓を全開で大声で歌っては、周りの車の迷惑になったり恥ずかしかったりなどというデメリットもあると思うので少しだけ空けておくとよいでしょう。

窓を閉め切った車内では、どんどんと二酸化炭素濃度が上がっていってしまいます。二酸化炭素濃度が高くなると頭がボーッとしたり、だるさを感じたりするようになってきます。

酸素濃度を高めるために、少し窓は開けておくとよいでしょう。

年式平成19年3月 サイズ	大型 走行距離	648,539km  実走行 形状	冷蔵冷凍車 型式	PKG-CD4ZE

年式 平成19年3月
サイズ 大型
走行距離 648,539km  実走行
形状 冷蔵冷凍車
型式 PKG-CD4ZE

 

コメントは受け付けていません。