高速道路上でのトラブル

高速道路上でのトラブルランキング

1位 タイヤ・ホイール破損 34%
2位 バッテリー上がり   17%
3位 オーバーヒート    13%
4位 燃料切れ       11%

意外と燃料切れの割合も高いですね。
高速道路上に燃料切れで停車してしまった場合、高速自動車国道等運転者遵守事項違反ということで違反点数2点(普通車)がとられます。
事前に十分な燃料を積載してから高速道路に乗りましょう。

 

また、1位のタイヤ・ホイールの破損ですが、高速走行する場合タイヤの空気圧の点検は非常に重要な点検項目です。
空気圧が低い場合、燃費の悪化を招くだけでなく、摩擦が大きくなり加熱してバーストということも考えられます。

点検は非常に重要ですね。

3位のオーバーヒートですが、オーバーヒートにも前兆があります。
トラックに致命的なダメージを与える前に対処したいものです。
前兆としては・・・
・水温計がレッドゾーンに近づいたり下がったりする。
(水温が安定しない)
・アクセルのフケが悪くなった。
(エンジンが高温になり膨張している可能性があります)
・アイドリングの回転数が不安定

このような症状のあった場合、早めに停車して専門家の診断を仰いだ方がよさそうです。
また、万が一白煙を上げるような事態になってしまった場合、停車後すぐにエンジンを止めずにアイドリングでエンジンを冷却したあとにエンジン停止させることが重要です。

また、異変に気づいてから停止するまではなるべくアクセルを踏まずに回転数を上げずに運転することが大事です。

 ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。

三菱 H18 ファイター ワイドアルミバン エアサス ★ 画像5UD H25 クオン 3軸アルミウィング エアサス ★ 画像6いすゞ H25 ギガ 4軸低床アルミウィング 格納PG 画像5

コメントは受け付けていません。