ワイズトラックブログ

2019.06.18

コモンレールシステムってなに?

トラックなどのディーゼルエンジンの燃料噴射をする仕組みを指します。

ディーゼルエンジンの場合、シリンダー内を高圧にして自力発火させます。

エンジンの構造がシンプルな分、燃料の噴射の精度がエンジンの性能に直結することになります。

その精密な燃料噴射をコントロールしているシステムがコモンレールと総称されています。

motor-94456_1920ちなみに写真は船のディーゼルエンジンです。

コモンレールは主に4つの機能から構成されています。

・ポンプ

・レール

・インジェクタ

・ECU

〇ポンプ

燃料に圧力をかけてレールに送ります。

ここでいう高い圧力とはなんと最大で1800気圧に及びます。とてつもない高圧です。
なぜここまで高圧にする必要があるのかというと、高い圧力をかけるほど噴射時の燃料の粒子が細かくなり、燃焼効率が上がるためです。

皆さんも家庭用のホースで洗う時よりも、洗車場の高圧スチームガンで洗った時の方が水の粒子が細かく、霧のように見えるけれども強い威力を持っていることを体験している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

燃料も一緒で、圧力を高めることで霧状にし、空気との混合をしやすくします。

〇レール
高圧燃料をためておくタンクのような役割をしています。

〇インジェクタ
高圧燃料を噴射するノズルのような役目をする部分です。
ECUからの指示に従って、適切に燃料の噴射を行います。インジェクタはディーゼルエンジンの要のようなパーツで非常に精密なパーツになっています。

〇ECU
燃料の噴射タイミングや圧力などをコントロール制御するコンピューターです。

そして、コモンレール式の場合には一回の燃焼過程において最大で5回もの燃料噴射を行います。

それぞれ5回の噴射には名前と役割があります。

パイロット噴射/プレ噴射/メイン噴射/アフター噴射/ポスト噴射の5回があります。

 

〇パイロット噴射

着火前に空気と燃料をあらかじめ混合させておくことでディーゼルのガラガラ音を抑制する働きがあります。

 

〇プレ噴射

メイン噴射の前に、小さく発火させてからメイン噴射でしっかり燃焼さえることで、燃焼温度を緩やかに上昇させる。急激に燃上温度が上昇した場合には粒子状物質の発生が増えてしまいます。

 

〇メイン噴射

その名の通り、主な噴射です。

 

〇アフター噴射

メイン噴射での燃え残りを燃やすための噴射です。

この噴射があることで、煤の発生を低減し完全燃焼に近い状態にすることができます。

 

〇ポスト噴射

これは、動力にするための噴射ではなく、DPF装着車のDPFないの煤を燃やすた

めの噴射です。

よく、DPF再生中は燃費が悪化するなどの話を聞きますが、このポスト噴射をして

燃焼させていることが原因です。

すなわち、シリンダ内で燃料が燃えないように、排気管内に直接燃料を流し込みま

す。

コモンレール式では、このように非常に細かい制御を行っています。

なんといっても、燃料の圧力最大1800気圧は驚きですね。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 2
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
  • 3
    2016.07.30 トラックのタイヤの空気圧はいくつ?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。