ワイズトラックブログ

2019.04.18

トラックの潜り込み防止バンパー

トラックのリアバンパーを見ると、横にバーが入っているのを見たことがあるので

はないでしょうか?

潜り込み防止バンパーなどと呼ばれています。

または車両突入防止装置などといわれることもあります。

Inked7_LI

 

写真中の赤丸の部分です。

このパーツは法律上も装着が義務付けられているパーツです。

これは何のために取り付けられているかというと、万が一後方から乗用車が追突した

場合に乗用車の被害軽減を図るために取り付けがされています。

背の低い乗用車が車高の高いトラックに追突した場合、トラックのシャーシの下へ

と潜り込んでいくことになります。

通常の前2軸の床面の高さが約120CMなので、セダンタイプの乗用車の場合、乗車

している人間の頭部の高さにほぼ等しくなります。

ということは、トラックへ追突して潜り込んでいった場合、乗用車の乗客がトラック

と乗用車の座席に挟まれてしまうことになります。

これでは事故が重傷化する可能性が高いので、シャーシの下部へ潜り込ませないよ

うにした装置が「潜り込み防止バンパー」です。

トラックでも荷台の床面が低く、乗用車が潜り込むスペースのない場合には取り付

けの必要がありません。

例えば、重機を運ぶ重トレなどはそもそもの床面が低く乗用車でも潜りこむスペース

が存在しないため、装着されていません。

キャリアカーなどもそうですね。

4

 

ワイズトラックでは皆様の大事な一台をお探しするお手伝いをさせて頂きます。そして皆様の安全運行に寄与できますよう、良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
  • 2
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 3
    2016.07.30 トラックのタイヤの空気圧はいくつ?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。