ワイズトラックブログ

2018.12.17

燃料タンクの水対策

冬場になるとカー用品店やホームセンターなどでよく目にする水抜き剤ですが、なんで軽油やガソリンしか入れていない燃料タンクに水がたまるのでしょうか?

トラックの場合は乗用車と違って、タンク入り口のキャップがシンプルなので雨水が侵入しているのでしょうか?

 

実は・・・理由は複数ありますが一番は「結露」です。

タンク内の空気の中の水分がタンク内で結露して、水としてタンクにたまっていきます。

glass-2753629_1280

これが主な理由です。

また、水は燃料よりも重いためタンクの下部にたまっていきます。

その水を燃料と混ぜてしまう効果を持つのが水抜き剤です。

 では水がたまらないようにするにはどのように対策したらいいでしょうか?

一番簡単な方法は、燃料タンクを燃料で満たしておくことです。

空気の量を少なくしておくことで、結露した際の水分量を減らす作戦です。

これからのシーズン少し気にして、早めの燃料補給を行うといいかもしれませんね。

 

人気記事ランキング

  • 1
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 2
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
  • 3
    2016.05.15 ポリタンクにガソリンを入れても大丈夫?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。