ワイズトラックブログ

2016.06.24

誤った燃料をいれてしまったら?

燃料を誤っていれてしまった・・・どうなるの?

トラックに使用する燃料と言えば、軽油を入れるのが一般的ですね。しかし、小型のトラックなどではガソリンで走るものも見かけます。

 一般的にトラックは軽油と思っている方が多いので、誤ってガソリントラックに軽油を入れてしまった・・・・というミスもあるようです。特に最近ではセルフ給油のスタンドが多い為、慣れない車両に給油する場合には起きそうなミスですよね。

間違った燃料を入れてしまった場合はどうなるの??

【誤ってディーゼル車にガソリンを入れた場合】
燃料ポンプがダメージを受けます。
軽油はガソリンよりも粘土が高く、潤滑油的な働きもしています。一方ガソリンは粘土が低い為、軽油用の燃料ポンプは油切れのような状態になり壊れてしまうのです。

誤って入れた場合には即抜き取りの処置を必要とします。

【ガソリン車に軽油を入れた場合】
もしガソリン車に軽油を入れてしまった場合とりあえずは走ることができます。
乗っているガソリン車にもよりますが、5%程度なら間違って軽油を入れても車に影響は出にくいそうです。しかし、もし間違ってしまった場合は、一度点検に出して異常が起きていないか、チェックしてもらいましょう。
【ハイオク用の車にレギュラーを入れた場合】
即座に問題が起きるということは稀でしょうが、やはりエンジンにはよくありません。
ハイオクとレギュラーは元のガソリンは同じものですが、ハイオクにはいろいろな添加剤が化合されており、よりエンジンに負担を掛けないように調合されています。ハイオク指定車に長い間レギュラーを入れ続ければ問題は起きる可能性があると言えるでしょう。

 

ワイズトラックでは良質な中古大型トラックや中古中型トラックを取り揃えて
皆様をお待ちしております。
ワイズトラックホームページはこちら。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 2
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
  • 3
    2016.01.13 トラックの車両寸法と荷台寸法
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。