ワイズトラックブログ

2019.09.26

過積載は本当に危険です!!!


こんにちわ~

営業の 木山 です。

 

過積載の、嫌~なニュースを見つけました。。。

↓↓↓↓↓

砂満載のトラック、歩行者に突っ込み10人死亡 中国

https://www.asahi.com/articles/ASM9Q63N0M9QUHBI011.html

 

 

 

恐いですね。。。

なんでも最大積載量をはるかに上回る量の砂を運搬していたとか・・・

 

過積載は、砂利、鋼材、木材など、比重の重い貨物を運搬する場合に多いみたいです

不正改造のダンプが最も深刻で、生コン車が適正量を超えて運搬する場合や、平ボデー車に鋼材、

コンクリートブロック等を積み込む例も多いようです

 

 

過積載で走行すると、どうして危ないでしょうか?

 

 

 

 

(1)制動距離が長くなる

 

過積載をすると、トラックは走行方向へと向かう力が大きくなるため、制動距離も長くなります。

 

例えば、積載量10tのトラックで時速80キロの走行時の制動距離は約50mですが、

4割増の“過積載”の状態では約59m、8割増では約70mとなります。

 

つまり8割増だと、20mも長くなるため、およそトラック2台分進まないと止まれな、いという計算になります。

 

 

これでは、追突の危険性が相当増えますよね。。。

 

 

 

(2)車両のバランスを崩しやすい

 

過積載すると、たくさんの荷物を積むため積荷の高さが高くなり、

そうすると重心が高くなり、バランスを崩しやすくなります。

 

 

左右の揺れを招き走行が不安定になり、特にカーブで横転する危険性が高くなるのです。

 

 

 

(3)スピードが出やすい

 

 

重量に比例して慣性力が増加し、スピードも上がるため、ブレーキへの負担も大きくなります。

 

 

またフットブレーキの使いすぎでブレーキライニングが過熱し、

ブレーキが効かなくなるフェード現象を引き起こす危険性が高くなります。

 

 

特に下り坂では、過積載によってスピードが増すため、

減速した前車に追突したり、下り坂のカーブで車両コントロールができず、

対向車線や、道路自体からはみ出す危険が増します。

 

 

それに、衝突時の衝撃力も、重量とスピードに比例しますので、

過積載での衝突は重大な事故になる可能性が高いのです。

 

 

 

運転中に過積載のトラックを見つけたら、そのトラックのすぐ後ろを走ることを避け、距離をとることが大切ですね。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 2
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
  • 3
    2016.07.30 トラックのタイヤの空気圧はいくつ?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。