ワイズトラックブログ

2016.11.16

エンジンブレーキでエコ運転

エンジンブレーキでエコ運転

エンジンブレーキとは?

エンジンブレーキの利かせ方

エンジンの負荷を利用して、スピードを落として行く減速方法を指します。
踏んでいるアクセルを放すことで、車はスピードとエンジンの回転が落ちますが、この原理そのものがエンジンブレーキと呼ばれているんですね。
さらにギアをシフトアップしていくとさらにエンジンブレーキの効きは強くなります。

エンジンブレーキを使うと燃費は良くなるの?

 自動車のエンジンは、エンジンブレーキをかけエンジンの回転数が一定上になるとコンピューターの制御によって燃料の供給がストップします。
タイヤからの回る力を使って、エンジンは稼働していますが燃料は消費していない状態になります。走っているけど燃料を使っていないため、燃費に貢献するということになります。

エンジンブレーキ使用の注意点

 自動車の運転に急の付くものは禁物ですが(急ブレーキ、急ハンドル、急発進・・・・)やはり、エンジンブレーキも急なシフトアップは禁物です。
まず、急なシフトアップはエンジンの回転数が上がりすぎてミッション・エンジンへの負担が非常に大きくなりエンジンへダメージを与えてしまう場合があります。
また、エンジンブレーキを掛けても、ブレーキランプが点灯しないので急な減速により後続車の追突を招く可能性もあります。

なんでも急はよくありません。

最近はめっきり寒くなってきましたが、急な温度変化によって倒れてしまう人も多いようです。冬のお風呂場で起きるヒートショックという現状らしいですが、温度差によってショック状態になってしまうものです。 車も人もやはり急は禁物ですね。

エンジンブレーキとエコ運転

 エンジンブレーキを使うポイントです。

1. ゆっくりを1速づつシフトダウン。
急なシフトダウンを避けて、ゆっくりと速度に合わせてシフトダウンしましょう。

2. フットブレーキをなるべく使わない
はなるべく早くアクセルを離して、軽くエンジンブレーキを掛けた状態で走る距離を長くし、フットブレーキの使用を抑えましょう。そうすることで燃料がカットされている時間と距離が延びます。

エコ運転と同時に安全運転で、車に優しく周りにも優しい運転を心掛けたいものです。

ワイズトラックではより良い中古トラック・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。お気軽にお問合せください。

人気記事ランキング

  • 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
    1
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • タイヤの空気圧はいくつ?
    2
    2016.07.30 トラックのタイヤの空気圧はいくつ?
  • 3
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。