ワイズトラックブログ

2022.03.21

ガソリンを給油中に静電気で引火した際の対応方法

ガソリンを給油中に静電気で引火した際の対応方法はどうしたらいいのでしょうか?

 

ガソリンは非常に引火しやすい液体で、静電気などでも引火します。

セルフのガソリンスタンドなどでは、給油前に除電シートにタッチしてから給油するようにルールが決められていますが、万が一給油中に静電気が発生し引火してしまった場合にはどのように対応したらいいのでしょうか?

 

まず、火が付くためには燃えるもの=気化したガソリン・空気・火種が必要になります。

逆を返せばこのうちの一つがかけても火は点かないということになります。

 

そのため、給油中に万が一引火してしまった場合には給油口にタオルなどを押し込み空気=酸素を遮断する方法が容易で現実的な初動とされているようです。

しかし、ガソリンの性質上爆発の危険性もあることから火が大きい場合には迅速に消火器で消火活動にあたるなどの対応が必要になります。

 

最近ではだいぶ暖かい日も増え、湿度も上がってきているので静電気も起きにくくなってきていますが、給油前にはしっかりと除電シートで除電してから給油をしましょう。

人気記事ランキング

  • 1
    2021.12.14 ディーゼル車のガス欠時なぜエア抜きが必要なの?
  • 2
    2016.05.15 ポリタンクにガソリンを入れても大丈夫?
  • 3
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
ご希望の中古トラックをお探しします。
メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。