ワイズトラックブログ

2022.06.27

スーパーシングルタイヤとは?

スーパーシングルタイヤというとても太いタイヤがあります。

 

 

スーパーシングルとは大型トラックやトレーラーのダブルタイヤを1本のタイヤにしたもので、とても太く剛性の高いタイヤになります。

 

トレーラーの場合に多いのは385/65/R22.5などのサイズですが、トラックの駆動輪に履かせるための445/50/R22.5などのサイズもあります。

 

ダブルタイヤをスーパーシングルに変えることで得られるメリットもありますが、デメリットもあります。

 

まずはメリットから!

○足回りの軽量化につながる。

ホイールも2本→1本になるため約60kgほどの軽量化につながります。
軽量化できるということは最大積載重量のUPにもつながります。

 

○燃費の向上

大型の11Rの場合タイヤ幅は約280mmなので、ダブルタイヤということは2本分で約560mmになりますが、スーパーシングルの場合445mmや455mmなので設置面積が少なく、摩擦が少なくて済みます。
結果的に燃費向上に役立ちます。

 

○運転時の操作性の向上

タイヤが1本になることで、よりドライバーの感覚に近い操作が可能になります。

 

○シャーシの剛性が上がる

写真は40FT・20FTコンテナ兼用シャーシですが、通常のダブルタイヤのシャーシに比べてシャーシのフレーム幅が広く設定されており、シャーシの捻じれなどに対する剛性が上がっています。

 

ではデメリットも

○パンク時のタイヤ交換

ダブルタイヤの場合、1本がパンクしても、まだ1本が残っているため走行も可能ですし、タイヤもパンクした1本だけ交換すれば済みますが、ダブルタイヤの場合お値段がお高めのタイヤを1本交換になります。

溝がなくなるまで使いきれればお得なスーパーシングルタイヤですが、こういったケースではデメリットもあります。

 

○タイヤの流通量が少ないため、中古品を見つけにくい

多くのメリットもあるものの流通量が少ないため、シャーシ用に中古のタイヤを探そうとしても本数が少ないのが現状かもしれません。

 

自社でのトラックの使い方に照らし合わせてみながら、スーパーシングルの採用を検討してみてもいいかもしれませんね。

人気記事ランキング

ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。