ワイズトラックブログ

2017.07.08

ダンプトラックの自重計検査とは?

自重計検査とはいったいなにを検査するのでしょうか?

自重計とは、ダンプトラックの荷台に積載した土砂の重量を、トラック自体の自重計という秤を用いて図る計器です。
車両総重量8トン以上又は、最大積載量5トン以上の大型ダンプ車等は自重計を設置し設置した自重計は、年1回定期点検を受けなければなりません。(土砂禁ダンプを除く)

検査方法は?

自重計の検査には、荷台に荷重を掛けて、検査をします。

①検査台の油圧から、ダンプの最大積載重量と同じ荷重をダンプの荷台に掛けます。

②掛けた荷重=自重計の値 の場合には合格です。

③適合証をは発行し、自重計に封印をします。

また、車検時には、自重計の適合証が必要になります。

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良い中古トラック・中古冷凍冷蔵車を多数取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
    2
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 3
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。