ワイズトラックブログ

2019.10.10

トラックでも台風に向けた準備が必要

テレビのニュースではここ数日必ずと言っていいほど話題に上る台風19号情報ですが、非常に強い台風であることから様々な備えが必要になりそうです。

 

 

車庫に車両を止めておく場合には、ドライバー自身は帰宅するなどして安全の確保をすることができますが長距離などで2日以上の運行の場合には気を付けなければならないことがありそうですね。

 

例えば・・・

〇トラックの車内で寝る際には、高潮を被るような場所では仮眠しない。

〇川の氾濫の危険性もあるので、河川の近くで仮眠しない

〇万が一に備えて水分や食料を少し多めに買っておく

〇飛来物が飛んできそうな風の通り道に停車しない

〇携帯で台風情報を随時チェックする

 

などでしょうか・・・

 

昨年の台風21号の際には、大型のウィング車が橋の上で強風に煽られ横転するという事故もニュースで報道されました。

 

ウィング車や箱車の場合には風の影響を受けやすいので特に注意が必要ですね。

 

また、基本的に暴風下での運行は避けるべきですが、やむを得ず車両を動かす場合にはゆっくりと走行し、橋など風が通り抜ける場所の走行を避けるなどの対策も必要ですね。

 

非常に強力な台風とのことなので、早めに備えて被害をなくやり過ごしたいものですね。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.07.30 トラックのタイヤの空気圧はいくつ?
  • 2
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
  • 3
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。