ワイズトラックブログ

2020.05.15

トラックのオイル交換の目安距離

前回の記事でも、エンジンにとってオイルがいかに重要かということを書かせて頂きましたが、今回はどれくらいを目安にトラックのオイルを交換すればいいの?ということに触れたいと思います。

一般にディーゼルエンジンのオイル交換はガソリンエンジンのオイル交換よりも交換サイクルが短く、早め早めの交換が必要といわれています。

ディーゼルエンジンの場合、煤の発生でエンジンオイルが汚れやすいという特徴と共に、煤を吸着することでエンジンへの煤の定着を防ぐという役割を果たしています。

 

では、トラックのオイル交換目安です。

あくまでも目安なので実際は車種やトラックの使い方によって異なってきます。

 

【大型トラック】

・排ガス浄化装置付き 2万キロ  エレメント同時交換

・排ガス浄化装置なし 1万キロ  エレメント2万キロごと

目安オイル量  25L~30L

 

【4トン車】

・1万5千キロ          エレメント同時交換

目安オイル量  10L程度

 

 

 

【2トン車】

・1万5千キロ          エレメント同時交換

目安オイル量 7L~10L

このあたりを目安にされるといいかもしれません。

 

大型車の場合には特に、一回のオイル交換の目安量が25L~30Lと非常に多いので当然費用も高くなります。

 

トラックの使い方などを考えながら適当なタイミングでオイル交換をしていきたいですね。

 

 

人気記事ランキング

  • 1
    2020.11.18 PTOを入れたまま走行するとなぜ壊れる?
  • 2
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • 3
    2018.12.18 燃料タンクに砂糖を入れると本当に壊れる?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。