ワイズトラックブログ

2021.01.30

トラックのサイドマーカーの役目

トラックの側面にはサイドマーカーと呼ばれる小さなライトがついています。

 

 

これは、全長が6Mを超えるトラックに法律上装着しなければならないライトです。

実際に、マーカーのないトラックを夜間に運転すると、タイヤ周りが見えず非常に運転しにくいですし、危険です。

サイドマーカーは適度に明るければ、バックするときも後輪と目標物との距離が捉えやすく安全運転もしやすいですね。

 

安全運行に欠かせないサイドマーカーですが、トラックはその全長が非常に長いので周囲の車両や通行者に車両の存在を知らせ、安全に通行するために法律で装着に関する規定があります。

〇全長が6Mを超えたトラックの場合、3Mごとに1つのマーカー装着が必要

〇設置場所は地上25CM以上、150CM以下

〇最前部のランプは車両前端から3M以内

〇最後尾のランプは後端から1M以内

〇ランプは150M離れた場所から視認できる明るさが必要

〇ランプの色は橙色もしくは黄色

〇ランプは常時点灯する必要があり、点滅式は使用できません。

〇電球はLEDでも問題ない

〇ライトの側方はみだしは、レンズ先端までが10MM以内ならば問題ない

大雑把に、このような規定になっています。

実は細かい規定に従って、装着されています。

 

意外なのは、取り付けの上限個数に決まりはないので、通行に支障のない範囲ならば、何個つけてもいいようです。

明るすぎて他の車の通行に支障をきたす場合には、ランプの明るさを落とすなどの対応をしなければなりません。

人気記事ランキング

  • 1
    2020.11.18 PTOを入れたまま走行するとなぜ壊れる?
  • 2
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • 3
    2018.12.18 燃料タンクに砂糖を入れると本当に壊れる?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。