ワイズトラックブログ

2022.12.26

トレーラーヘッドのLEDライト取り付け

海上コンテナやシャーシ輸送など、被牽引車両がいつも一定でない場合にはバックカメラやシャーシに路肩灯などを架装するのは難しいケースが多いのではないでしょうか?

 

でも、バックするときにライトがないと視界が確保できず安全にバックできないというケースもあるのではないでしょうか。

そういった場合のLEDライトの取り付け例の一例です。

 

ヘッドの泥除けのところのテールランプのステーに、後方を照らすためのライト左右に各1個づつと斜め45度くらいを照らすようのライトを左右1個づつ取り付けます。

取り付けはステーに穴を開けて直付けが一番簡単ですね。

また、電源はバックライトに連動するよりもワークライトまたは別電源から取り出したほうが使い勝手が良さそうです。

前進走行をしている場合でも、真っ暗な道を走るなど明かりが欲しい場面もあるかと思います。

その時にバックライトからの電源では前進時に任意にライトを点灯させることができません。

こういった時でも対応できるように作業灯や他の電源からの取り出しの方が便利そうですよね。

あとのライトの角度などの細かい調整はドライバーの好みもありますので、自分で気に入る位置を探して調整するという方法がいいのではないでしょうか?

 

人気記事ランキング

ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。