ワイズトラックブログ

2021.11.22

ホイールの新ISO規格とJIS規格

10tダンプなどの大型車のタイヤの多くは11Rというタイヤを履いています。

この11Rを履かせるホイールには大きく分けて2種類の規格があります。

〇JIS規格

〇新ISO規格

 

JIS規格のホイールは比較的低年式の車両に採用されています。

特徴的なのはボルトの座面が球状になっており、締めこむことでホイールのセンターが出しやすい形状になっています。

また、ダブルタイヤの組み上げの際には、インナーナットとアウターナットを使ってタイヤを組むという少し複雑な形状になります。

インナーナットは六角のナットではなく、四角のナットになっているため見ればすぐにJIS規格だと判断がつくかと思います。

また、ネジの回転方向にも特性があり、助手席は逆ネジになっています。

これに対して、新ISO規格では一つのナットでダブルタイヤ2本を一緒に締めこんでいきます。

非常にシンプルな構造になっています。そしてネジもすべて正ネジになっており、組付けの際の誤りを防ぎやすい構造になっています。

 

世界的にみると、95%の車両がISO規格であり、JIS規格はわずかに5%と言われています。

 

日本のJIS規格がいかにマイナーだったのか分かりますね。

 

 

 

人気記事ランキング

ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。