ワイズトラックブログ

2021.11.24

大型のタイヤだけなぜ11Rというの??

通常タイヤサイズを示すときは215/55/R17などのように「太さ/扁平率/ホイールサイズ」のように表現します。

 

しかし、大型のタイヤは11Rと通常呼ばれますが、何をもって11Rなのでしょうか?

これは、タイヤ幅=太さをインチで示し、RはラジアルタイヤのRを示しています。

 

即ち、太さ11インチ=279.4mmで扁平率82%、22.5インチのホイールに適合するタイヤということになります。

 

このタイヤサイズが大型車の汎用サイズになったため、みんな11Rと呼ぶようになったということですね。

 

これ以外のトラック用タイヤは通常の乗用車のタイヤ同様に295/80/R22.5などと呼ばれます。

 

タイヤも年々進化しておりますが、夏タイヤではその進化を感じるのは簡単ではありません。

よっぽどの限界走行をしなければ、耐摩耗性の向上や、静粛性などしかその進化を感じることが難しいかもしれません。

しかし、これから始まる冬においては、アイスバーンでのタイヤの性能の向上を感じやすいかと思います。

 

安全運転で冬の走行をして頂くためにも、スタッドレスタイヤとチェーンの点検を入念に行って冬に備えたいものですね。

 

 

人気記事ランキング

ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。