ワイズトラックブログ

2016.11.04

本格的に寒くなる前にバッテリー点検が必要です

秋が深まり、紅葉等も見頃を迎えていますね。もうすぐ冬がやってくるのが肌でわかるように寒い日が少しずつ増えている気がします。
IMG_2435

さてトラック等に積載されているバッテリーは寒くなる前にしっかり点検をした方が良いのです。実はバッテリーは寒さに弱いのです。

バッテリーは寒がり?

新品バッテリーの場合でも温度によるパワー変化はおおよそ以下のようになります。

常温時         100%
気温0度          80%
気温マイナス20度     50%

これはあくまでの新品の時の場合の目安になりますので、数年使用したものであれば当然これよりも数値は悪くなります。
マイナス20度というと家庭にある冷凍庫の温度ですが、真冬に風に吹き曝しにされた場合、マイナス20度程度になることはしばしばあります。
さらに寒いのでオイル等も冷えて硬くなっているため、寒い時はエンジンを始動するのにいつも以上の力を必要とするのです。

バッテリーが上がってしまたらどうする?

バッテリーが上がってしまった時の対処には、3つの方法があります。

  1. ブースターケーブルを使って他の車から電気を少し分けてもらう
  2. 近くのガソリンスタンドや車屋さん・JAF等、プロの助けを借りる

1の方法は自分でできるので一番安価で、協力してくれる車のいる場合一番早い方法かもしれませんが多少の知識がいります。ジャンピングする際に、バッテリーの接続の仕方を間違ったり、取り扱いを間違えると感電や故障のリスクがありますので知識がない場合には2の方法が無難です。ただし、2の場合には主張料や交換費用・工賃などの費用が高額になる場合もあるので事前に確認してから利用した方がいいかもしれませんね。

バッテリーが弱くなっている時の前兆は?

  • セルモーターの回りが重くなる
    エンジンをかける際に「キュルキュル」とセルモーターの回転音がしますがこの「キュル、キュル」の音の間隔が長くなってきたら要注意
    (バッテリーが上がると、カチカチという音がしてエンジンが掛からなくなる)
  • 電気系機能の低下
    灯火類やパワーウィンドウの調子が変わってくる。
    アクセルの踏み加減や信号待ちでヘッドライトが暗くなる、パワーウインドウの動きが遅くなる、など。

またガソリンスタンド等でも無料点検をしてくれるお店もあります。機会があれば定期的に点検しておく方が安心ですね。

ワイズトラックでは良質な中古大型トラックや中古中型トラックを取り揃えて皆様をお待ちしております。ワイズトラックホームページはこちら。

人気記事ランキング

  • 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
    1
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 2
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • タイヤの空気圧はいくつ?
    3
    2016.07.30 トラックのタイヤの空気圧はいくつ?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。