ワイズトラックブログ

2021.06.18

油圧装置の油漏れ対策

油圧装置はトラックのいろいろな架装を動かす為に必要な装置ですが、どうしてもついて廻る問題の一つが油圧からの油漏れではないでしょうか。

油圧は、高所作業車やユニック、積載車、キャリアカー、ゲート、ダンプと本当にいろいろな特殊トラックに使用されます。

 

 

大事なのは大事に至らないうちのメンテナンス

ということで、油圧のホースや鉄管の劣化がひどくならないうちに、定期的に交換をすすめることも重要です。

 

鉄管の使用箇所を高圧ホースに替えてメンテナンスをしやすく手を加えていくという方法もあります。

鉄管は使用環境によっては錆びやすく、錆が進行すると穴が開きひどい油漏れを起こす可能性もあります。

そのため、事前の策として高圧ホースに交換して問題ない部分は高圧ホースにするという方法です。

 

シリンダーのメンテナンス

シリンダー類のシール類やパッキンも油圧を使用していれば必ず劣化してくるパーツです。

シリンダーのシールからのオイルにじみが出始めたら様子を見ながらシール交換やオーバーホールをしてもいいタイミングではないでしょうか。

 

シリンダーの油漏れを放置しすぎて、シリンダー内のピストンロッドに傷がついてしまったりすると高額な部品の交換が必要になってしまうこともあります。

 

高額な修理になる前に、定期的な点検とメンテナンスが大事ですね。

人気記事ランキング

  • 1
    2020.11.18 PTOを入れたまま走行するとなぜ壊れる?
  • 2
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • 3
    2018.12.18 燃料タンクに砂糖を入れると本当に壊れる?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。