ワイズトラックブログ

2021.03.28

海上コンテナの再利用

輸出入時によく使われる海上コンテナですが、海上コンテナは約13年ほどで、国際輸送の用途から国内での中古市場へと払下げされることが多々あるそうです。

 

そんな海上コンテナですが、払い下げ後はどのような利用をされているのでしょうか?

まず、海上コンテナは繰り返しの衝撃にも耐えられるように非常に頑丈に作られています。

そして、会場の潮風にさらされても錆びにくいように防錆対策もしっかりと施されています。

 

そのため、長期間特別なメンテナンスをしなくとも使用することが可能なとても丈夫な箱なのです。

さらに、外壁は波板でできているため強度はあるものの、サンダーで切ったり簡単な溶接をするなどの加工がしやすいのも特徴です。

中古海上コンテナの再利用にはいろいろな方法がありますが、代表的なものでは以下のような用途があるのではないでしょうか?

 

〇 コンテナ倉庫

〇 モジュールハウス

〇 冷凍庫 ※冷凍機を搭載したリファーコンテナの場合

 

これ以外にも、海上コンテナをベースにしたキャンピングトレーラーというのもあるようです。

 

海上コンテナをDIYでキャンピングトレーラーに仕上げていく過程はとても難しく大変そうですが、なんだか楽しそうですね。

海上コンテナは、本来の役目を終えても様々な場面で使用されています。

 

自分なりの利用方法を考えてみるのもいいかもしれませんね。

人気記事ランキング

  • 1
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
    2
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 3
    2020.11.18 PTOを入れたまま走行するとなぜ壊れる?
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。