ワイズトラックブログ

2022.08.01

トラックの修理代金はなぜ高い

トラックの修理代金はなぜ高額化しやすいのでしょうか?

例えば、調子が悪いので部品を交換しようとしても金額は乗用車のではありません。

その理由としては以下のような理由があります。

〇部品そのものが高い

乗用車の部品に比べてトラックの部品はサイズも大きく、耐久性の高いものになっています。

また、乗用車に比べると生産数も少なく乗用車の様に安価に製造しにくいということが考えられます。

 

〇部品が大きく重いため作業に手間がかかる

部品の重量があるため、乗用車の様に手で持ち上げて簡単に交換とはなかなかいきません。

1人作業ではなく2人作業になる場合もあります。また、手作業ができないために専用の治具や工具を使わなければならないことも多いです。

そのため、時間当たり作業工賃が高めになってしまいます。

そのため、年式の古いトラックを修理しながら乗るのは新しい車両に乗り換えるよりもコスト高になってしまうこともしばしばあります。

年間の修理費と車両を乗り換えた場合の毎月の支払いを考えてみて、車両購入を検討してみるのも一つの方法です。

 

また、最近は燃料代の高騰が続いているので、高年式の車両に乗り換えるメリットは大きいのではないでしょうか?

年式が比較的新しい車両では燃費も良くなっているため、特に長距離の運行がメインの場合には燃料費だけで月に数万円の節約につながるケースもあるようです。

 

また、暑い時期の仮眠中もエンジンをつけっぱなしにしなくていいように、バッテリー駆動式のクーラー等を架装しておけば燃費改善に大きな味方になることと思います。

人気記事ランキング

ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。