ワイズトラックブログ

2020.01.28

荷台の床面強化 縞板(しまいた)

ホームからリフトでそのままトラックの2台に乗り入れするような場合や、重量物を積載する場合には荷台の床面の痛みが早くなってしまうことがあります。

 

荷台の床面は木製でできており、シンプルそうに見えますが非常に頑丈に作られているため、トラックの荷台の床面の張替は手間とお金が掛かります。

 

ということで、痛む前に補強してなるべく長く使いたいという場合の補強策として、縞板を貼るという方法があります。

 

 

もちろんつるつるの鉄板を張り込む方法もありますが、荷物が滑りやすくなってしまうため表面に凹凸のある縞板を使った方が使い勝手がよく、かつ強度が高いというメリットがありますね。

 

これは縞板ではなく通常の鉄板ですが、荷台に張りこまれて補強されています。

 

本当にトラックは積む荷物や使用方法により架装が大きく変わってきます。

 

ワイズトラックでは皆様の安全運行、使い勝手の良いトラックライフに寄与できますように邁進いたします。

お気軽にお問合せお立ち寄りください。

 

人気記事ランキング

  • 1
    2016.08.29 高速道路で故障車を牽引することはできる?
  • 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
    2
    2016.03.28 牽引免許なしでどこまでけん引できる?
  • 3
    2016.04.29 中型4tダンプの車両寸法と荷台寸法
ご希望の中古トラックをお探しします。 メールでのお問い合わせ Lineでのお問い合わせ

ご希望の中古トラックお探しします!

お探しの中古トラックが見つからない場合は、お気軽にご相談ください。
ワイズトラック独自のネットワーク・ノウハウを駆使し、可能な限りお探しいたします。