アドブルーの成分と寿命

以前の記事内において、アドブルーの成分は主にアンモニアと簡単に説明したことがありましたが、今回は少し詳しく見ていきたいと思います。

アドブルーの成分

アドブルーは別名を高品位尿素水といいます。化学

化学名 :尿素
組成式 :尿素(NH2)2CO+水 H2O ⇒尿素と水を混ぜたということです。
CAS番号:57-13-6
分子式 :CH4N2O
凝固点 :-11度(32.5%の尿素水の場合)

小難しく書くと上記のような説明になるようです。

このアドブルーという名前は、ドイツで生まれた名前だそうです。

日本の場合、トラックを中心に利用が進んでいますが、ドイツ車で有名なベンツやBMWなどは乗用車のディーゼルにおいて、アドブルーを使った尿素SCR浄化装置が用いられています。
また、アドブルーというのはドイツ自動車工業会の登録商標だそうです。

 

アドブルーの寿命

アドブルーは実は熱に弱いという性質があります。
その為、保存の方法には注意が必要です。

一例として、温度別の正常性能保持期間をまとめてみます。
正常性能保持期間
保存温度0度   無期限
20度    11年
30度    23か月
40度    4か月
50度    1か月

30度を超えると一気に劣化していくことがわかります。
夏の保存状態で、寿命が決まるといってもよさそうですね。
ice-cream

このような寿命も考慮すると、安いからと言ってまとめ買いせずに、必要な時に必要な量を買った方がよさそうですね。

 

UD

荷 台 : 矢野特殊 I型キーストン /ジョロダーレール 4列/ラッシングレール 2段/断熱厚さ サイド7.5X 後扉7.5㎝(約) 冷凍機 : 菱重 / TU73EZ  -30℃設定 スタンバイ付 (コード欠:未検) ※ 空荷2.5h 31℃ → -9℃確認済

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。

AdBlueアドブルーの消費量

トラックでは主にディーゼルエンジンを使用していますが、排気ガスをよりクリーンにするために今のトラックでは通常以下の2つの方法を採用しています。

①尿素SCR方式
AdBlue(アドブルー)といわれるアンモニアを使ってNOxを分解する方法

排気ガス浄化

②DPD排ガス浄化装置
高温で有害成分を焼いて無害化する方式です。

では、①のアドブルーを使った方法とはどのようなものなのでしょうか?

これは、ディーゼル車の排ガスに含まれるNOxとアンモニアを反応させることで、窒素と水に変えるという方法です。

しかし、問題は燃料となる軽油の他に、NOxを分解するために必要なAdBlueといわれるアンモニアを積んでいなければならないということです。

いったい、アドブルーの消費量とはどの程度なのでしょうか?

一般には消費燃料の約5%と言われています。
一回の給油で500Lを入れるとすると、アドブルーは25L必要になります。アドブルータンク

どこで売ってるの?

全国のトラックステーションやディーラーなどで販売しています。
乗用車で行く、ガソリンスタンドではAdBlueが、ガソリンの様に売られているのは見たことがないですよね。

どこでも買えないのでは不便では??
と思われるかもしれませんがトラックの場合、給油場所は会社と法人契約しているところが中心になるでしょうし、またトラックステーションのように大きなスタンドでの給油することが多いと思われます。

よって、購入できる場所が少なくて不便だということもあまりないようです。