トラックの排気ブレーキ

実はディーゼルエンジンのエンジンブレーキは効きが非常に悪いんです。
というと、では大きなトラックなのにエンジンブレーキが効かなかったら危ない!という答えが返って来そうです。

そこで登場する装置が排気ブレーキです。

「排気ブレーキ」とは、ディーゼルエンジン特有のエンジンブレーキの補助ブレーキ装置ことです。

 

いすゞ H17 ギガ 低温冷凍車 両サイド観音扉 画像1いすゞ H17 ギガ 低温冷凍車 両サイド観音扉 画像23
ハンドル左側のワイパーのレバーが排気ブレーキのスイッチとなります。

排気ブレーキの仕組み

ガソリンエンジンには空気を取り入れるためのスロットルというものがあり、アクセルを話してエンジンブレーキ状態にすると、空気が入ってこなくなり抵抗が増します。これがエンジンブレーキの減速効果を生みますが、ディーゼル車にはこのスロットルがないのです。

例えるならば、蓋の開いているペットボトルを潰すのは簡単ですよね。でも、蓋が軽く閉められているペットボトルを潰そうとすると空気が抜けずなかなか潰れずに、力をより多く使って潰そうとします。この力がエンジンブレーキになります。

ディーゼルには仕組み上この蓋がついていないので、装置としてマフラーの中に蓋となる弁を付けたのが排気ブレーキになります。

主に2トン車以上のトラックやバスといった大型自動車が装備しています。
排気ブレーキは非常に強力な減速力を持つため、荷物をたくさん載せている時や人をたくさん載せている時など、車重が上がって止まりにくいときに大きな力を発揮します。

アクセルオフの状態で排気ブレーキが入っていると、弁は閉じられ、排気管内の排気圧力が高くなります。そして、アクセルを踏んだり、クラッチを切ったりすると排気弁が解放され、’プシュー’と音を立てて、抵抗を作っていた排気圧力が外へ排出されます。

皆さんも大型トラックなどが、走行中にプシュー・プシューと言いながら走行するのを見たことはあるのではないでしょうか?

排気ブレーキの使い方ですが、坂を下るときや、フットブレーキだけでは止められない場合に排気スイッチを入れ、必要がなくなったらスイッチを切りましょう。

必要のない場面で常に排気ブレーキのスイッチを入れていると、エンジンに負担が掛かって車に良くありません。

排気ブレーキを上手に使って、エコ運転・安全運転に努めたいものですね。

ワイズトラックではより良い中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

エンジンブレーキでエコ運転

エンジンブレーキでエコ運転

エンジンブレーキとは?

エンジンブレーキの利かせ方

エンジンの負荷を利用して、スピードを落として行く減速方法を指します。
踏んでいるアクセルを放すことで、車はスピードとエンジンの回転が落ちますが、この原理そのものがエンジンブレーキと呼ばれているんですね。
さらにギアをシフトアップしていくとさらにエンジンブレーキの効きは強くなります。

日野 H19 デュトロ 低温冷凍車 スタンバイ付 ★ 画像1

エンジンブレーキを使うと燃費は良くなるの?

 自動車のエンジンは、エンジンブレーキをかけエンジンの回転数が一定上になるとコンピューターの制御によって燃料の供給がストップします。
タイヤからの回る力を使って、エンジンは稼働していますが燃料は消費していない状態になります。走っているけど燃料を使っていないため、燃費に貢献するということになります。

エンジンブレーキ使用の注意点

 自動車の運転に急の付くものは禁物ですが(急ブレーキ、急ハンドル、急発進・・・・)やはり、エンジンブレーキも急なシフトアップは禁物です。
まず、急なシフトアップはエンジンの回転数が上がりすぎてミッション・エンジンへの負担が非常に大きくなりエンジンへダメージを与えてしまう場合があります。
また、エンジンブレーキを掛けても、ブレーキランプが点灯しないので急な減速により後続車の追突を招く可能性もあります。

なんでも急はよくありません。

最近はめっきり寒くなってきましたが、急な温度変化によって倒れてしまう人も多いようです。冬のお風呂場で起きるヒートショックという現状らしいですが、温度差によってショック状態になってしまうものです。 車も人もやはり急は禁物ですね。

エンジンブレーキとエコ運転

 エンジンブレーキを使うポイントです。

1. ゆっくりを1速づつシフトダウン。
急なシフトダウンを避けて、ゆっくりと速度に合わせてシフトダウンしましょう。
日野 H19 デュトロ 低温冷凍車 スタンバイ付 ★ 画像23

2. フットブレーキをなるべく使わない
はなるべく早くアクセルを離して、軽くエンジンブレーキを掛けた状態で走る距離を長くし、フットブレーキの使用を抑えましょう。そうすることで燃料がカットされている時間と距離が延びます。

エコ運転と同時に安全運転で、車に優しく周りにも優しい運転を心掛けたいものです。

ワイズトラックではより良い中古トラック・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。お気軽にお問合せください。