トラックのオルタネーターの寿命

オルタネーターってそもそも何??
オルタネーター=発電所

日野 H17 レンジャー 低温冷凍車 PG付 キーストン 画像20

 

オルタネーターとはエンジンの力を利用して発電する発電機です。
エンジンを掛けるときは備え付けのバッテリーの電力を借りますが、走行中に電力を供給してくれるのはこのオルタネーターです。

オルタネーターはエンジンを掛ける際に減ったバッテリー内の電力を充電してくれたり、車内で使うエアコンやライトなどすべての電力の発電機=発電所の機能を担います。

このオルタネーターが全く機能しない場合、電力がなくなってしまうのでガソリン車の場合にはエンジンも止まってしまいます。

ガソリン車の場合、ガソリンの点火に電力を使っています。

一方トラックで一般的なディーゼルの場合は?というと

ディーゼルは燃料を噴射し、圧縮し高圧にすることで自力着火するので、構造的には、オルタネーターが壊れてもエンジンは一度掛かってしまえば止まらないということにはなりますが・・・・今の車はいろいろな電子制御が行われて、安全に燃費よく走れるように制御されているのでそれらが機能しなくなったり、また燃料ポンプが止まったりなどで結局のところエンジンも止まってしまうそうです。

大事なオルタネーターの寿命はどうやって知るの?

オルタネーターの異常が見られた場合、メーターパネル内のバッテリーマークが点灯する場合が多いようです。
あのバッテリーマークは、バッテリーに電力が供給されていませんよ!という警告灯なので、オルタネーターの故障が疑われるということになります。

また、走行中にオーディオが安定して使えなくなった、またガソリン車の場合であればエンジンの吹け上りが悪くなったなどという症状にも現れます。

非常に大事なパーツなので故障・交換の前兆にはしっかり対応したいですね。

 

オルタネーターの役割と故障

オルタネーターってなに???簡単に言えば発電機です。エンジンの力を借りて、電気を作りバッテリーに送り、車の電気関係の装置を動かします。
このオルタネーターという部品は非常に重要です。
しかしながら故障してしまったり、また時間がたてば寿命もきます。
日野 H18 レンジャー 冷蔵冷凍車 ★ 画像15
【電力の供給やバッテリーの充電】
オルタネーターとは厳密には交流の電気を作る発電機のことである。
ダイナモとは直流の電気を作る発電機のことであり、似たような役割を持つが直流と交流の違いがあります。エンジンを始動する時にはバッテリーの電力を使い、後はバッテリーの電力は使用せずに、オルタネーターによって発生した電力で車全体に電力を供給しています。
 もちろんバッテリーに電気を送り、バッテリーの充電も行っています。つまり、オルターネーターが故障してしまうと、車に電力を供給することができなくなり・・・・エンジンは掛からず、電気系統は動かず・・・

 

日野 H18 レンジャー 冷蔵冷凍車 ★ 画像23

オルタネーターが壊れた時の症状
【エンジンの吹けが悪くなる】
オルタネーターの寿命が近づいてくると車へ供給する電圧が下がりだす。
電圧の低下により、燃料を噴射するためのインジェクションや、混合気を爆発させるためのスパークプラグに電力を送るイグニッションコイルなどの動作が不安定になるのだ。そのため馬力を出そうとアクセルを強く踏んだ際に、燃料の供給が通常のようにされず、あっれ、なんか元気がない・・・という吹けが悪い状態になります。【電装品の動作が不安定になる】
また、電圧がより低くなり12V(24V)を下回る程になってしまうと、室内灯やカーオーディオなどの電装品の動作が不安定になってしまう。例えば、電気がチカチカしていっていに光らないなど。基本的に電装品は規定の電圧(12Vや24V)以上が供給されたときに正常稼働するように設計されています。ここまでの症状が出てしまった場合、早めにオルタネーターの修理・交換が必要です。

また、パネル内の警告灯が教えてくれる時もあります。バッテリーへの電力の供給がされていない場合、パネル内のバッテリーマークが点灯します。
一定を下回る電圧しか供給されない場合、回転数が安定せず、タコメーターの挙動が不安定になるといった症状になる場合もあります。

【間違いやすい症状】
バッテリーの寿命と勘違いしてしまう可能性があります。 オルタネーターが完全に故障してしまい、車に電力を供給する事が出来なくなってしまいます。
電力が供給されなくなってしまうので、止む無く、バッテリーに充電されている電気を使用することになります。
しかしバッテリーはあくまでエンジンの始動のためのものであるため、走行中に電力を供給し続けることのできる容量はないのです。完全にバッテリーがなくなればエンジンは止まります。仮にジャンピングしてもらいエンジンを掛けても、ケーブルを外すとエンジンは止まってしまいます。電力の供給がないのでとまってしまうわけです。

この時点で、オルターネーターの故障であるということに気付けずに「バッテリー上がりだな」と新品のバッテリーに交換してしまう方もいます。これでは症状は改善しません。
もし走行中にエンストしてしまったら、ヘッドライトなどの電気系統が動作するかを確認してみて、電装系が動作しないようならバッテリーの電力もすべて使い果たしているということなで整備工場に連絡し対応してもらいましょう。

 ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますよう、良質な中古トラックトレーラを取り揃えて皆様をお待ちしております。
 お気軽にお問合せください。