高速バスのハイテクシステム

最新式のバスには乗客の安全や利便性向上のために様々なハイテクシステムが準備さ

れています。

例えば

①モービルアイ

②バスロケーションシステム

③リアルタイムドライブレコーダー

④安全運転支援システム

などなどです。

それぞれの機能を見てみましょう。

①モービルアイ

車両の前方に取り付けられたカメラにより、前方車両との距離を表示したり、接近し

すぎている場合にドライバーに警告を出すように設計されたシステムです。

例えば、前方に渋滞があり追突の危険を感知した場合にもドライバーに警告を出し

ます。

また歩行者が衝突範囲内に入った場合にもドライバーに警告し注意を促します。

 

②バスロケーションシステム

これは、主に高速バスに導入されているシステムです。

高速バスが経路のどのあたりを通過中なのかを利用者がスマホなどから見れるよう

にした便利システムです。

これにより、バスに遅延が生じていてもどの程度遅れてどこを走行しているかがリア

ルタイムでわかるようになりました。

利用者は、渋滞でいつ来るのかわからないバスを、寒い中暑い中雨の中待たずに済む

というメリットがあります。

③リアルタイムドライブレコーダー

バスのドライバーが見ている景色をカメラを通してリアルタイムに運行管理者のパ

ソコンに転送するシステムです。

これにより、バスが予定時刻より早く出発してしまった早発などのクレームに対し

て、バス停の通過時刻と待っていた顧客を特定することができます。

また、事故の際にもどのような事故なのかを一早く把握することができるので事故対

応時にも役に立ちます。

 

④安全運転支援システム

バスドライバーが誤ってバス停を通過してしまったり、分岐を間違ってしまったり

しないようにGPS位置情報をもとにドライバーに表示するシステムです。

誤ってバス停を通過したり、道を間違ったりするとミスをしたという焦りの気持ち

から想定外のミスや行動をとってしまう可能性があるため、間違いをなくすように事

前に警告を出す仕組みになっています。

 

トラックの安全装置同様にバスにも様々な安全装置が取り付けられていますね。

ワイズトラックでは皆様の大事な一台をお探しするお手伝いをさせて頂きます。そして皆様の安全運行に寄与できますよう、良質な中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラー・中古ユニック・中古荷役機械を取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

メーカーいすゞ リサイクル料金13,930円 年式	平成24年1月 サイズ	大型 走行距離	671,000km 形状	バン 型式	LKG-CYJ77A

メーカー いすゞ
年式 平成24年1月
サイズ 大型
走行距離 671,000km
形状 バン
型式 LKG-CYJ77A

高速道路上でのバスの制限速度

高速道路上での4トン以上のトラックの制限速度は80キロまでとなっていますが、大型バスの制限速度は一体何キロになっているのでしょうか?

答えは100キロです。

実は、バスはトラックとは違い制限速度が100キロで、普通の乗用車と同じ制限速度が適用されています。

ここで一つ疑問に思えるのが、同じ大型車両なのにトラックは80キロ規制にも関わらずバスは100キロ規制なのはなぜ?ということです。

これには以下の理由が考慮されているそうです。

・バスはトラックに比べて、事故率が低い。

確かに、トラックに比べると事故率は低いというのは感覚的にも分かるような気がしますが、高速道路を走っているバスの台数自体も少ないということも影響しいそうですね。

バス

・トラックに比べて、車両総重量の変化が少ない。

大型トラックは空車時には約12トンの車両重量なのに対して、最大積載時には
25トンと約2倍にまで重量が増えます。

それに対して、バスの場合は「乗客の体重+荷物重量」しか重量変化がないので、およそ4トン程度しか重量変化がありません。

weight-plates-299537_1280

重量変化が少ないと、ブレーキの効きやハンドル操作に対する影響も少ないことから、バスについては乗用車同様に100キロ規制で対応しているようです。

単純な規制でも、理由を知ると奥が深いものですね。

バスの発進を妨害すると違反になる?

路線バスなどが停留所からの発進の際に、無理な追い越しをしてバスの進路を妨害した場合道路交通法上の違反になるのでしょうか?

バス

バス

答えは「乗合自動車発進妨害」という違反になります。

違反点数 普通・大型ともに1点

反則金  普通 6000円
大型 7000円

また進路妨害とはどういう状態を指すのでしょうか?

道路交通法で決まっていました。

パトカー

進路妨害については、道路交通法2条22号で以下のように定されています。

「他の車両の直前に飛び出して、事故を避けるために急ハンドルや急ブレーキを余儀なくさせる事」となっています。

また、この法律上の乗合自動車とは「乗車定員11人以上の自動車であって、 貨物自動車等及び特種用途自動車等以外のもの」を指すそうです。

トラックよりもバスの方が公共性が高いので、正常な運行を妨げるような行為をすると罰せられるようになっているのですね。

バスはシートベルトをしなくても良い??

観光バスなどに乗られた際にしっかりシートベルトをしているでしょうか?

調査結果によると約3人に1人しかシートベルトを締めていないようです。
バスはシートベルトをしなくて良いのでしょうか?

日野 H18 レンジャー ワイド 低温冷凍車 格納PG  画像27

答えは「一般道ではシートベルトの着用義務は免除されている」ということです。

では高速道路を走る高速バスは?高速を走行中の観光バスは?

答えは「高速道路上ではシートベルトを着用しなければならない」ということです。

また、後部座席のシートベルト着用義務について、一般の乗用車ではどうかというと
→一般道・・・・着用義務あり
高速道・・・・着用義務あり

となっています。

確かに、バスの場合一般道では着用義務はありませんが、万が一の事故の際に自分の体を守ると言うことを考えるとシートベルトはしっかりと着用していたいものです。

シートベルトを装着せずに事故に遭遇した場合、体が窓の外に投げ出されたり、前方に投げ出されるなど大事故に繋がる可能性が高いと言われています。

自分の体を守るためにも、装着義務がなくとも装着されることをおすすめいたします。