トラックの電圧はどうやって24ボルトになっているの?

24ボルトトラックにはバッテリーが2個使われている

トラックのバッテリーが24ボルトになっていることはご存知のかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ乗用車は12ボルトなのにトラックは24ボルトなのでしょうか?

実は12ボルトのバッテリーを直列に2つ繋いでいるので24ボルトになります。
なんとなく中学生の頃に習ったような話ですが、直列につないだ場合、電圧は足し算になりますが、電流は一緒です。

そのため普通車で普通車で、バッテリーの上がってしまったトラックを救援するためにジャンピングすることは基本的にできないことになります。

 トラックがバッテリー上りをさせてしまった場合、やはり24ボルトを使用しているトラックを使ってジャンピングする必要があります。

なぜトラックは24ボルト?その理由

また、なぜトラックは24Vなのかというと、やはりエンジンが大きい為大きなピストンを回すためのセルモータがたくさん電気を必要とするからというのが一番の理由です。

トラックのジャンピングの方法は普通車とは違いちょっと複雑になります。
間違ったつなぎ方をしてしまった場合、最悪のケースでは電装系のパーツが壊れるなどの大きな損害を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

自信のない場合にはやはり整備工場や販売店・JAFなどに相談したほうがよさそうですね。

 

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック・中古トレーラー・冷凍冷蔵車を取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

thumb_1 (1) 1 thumb_1

 

トラックのオルタネーターの寿命

オルタネーターってそもそも何??
オルタネーター=発電所

日野 H17 レンジャー 低温冷凍車 PG付 キーストン 画像20

 

オルタネーターとはエンジンの力を利用して発電する発電機です。
エンジンを掛けるときは備え付けのバッテリーの電力を借りますが、走行中に電力を供給してくれるのはこのオルタネーターです。

オルタネーターはエンジンを掛ける際に減ったバッテリー内の電力を充電してくれたり、車内で使うエアコンやライトなどすべての電力の発電機=発電所の機能を担います。

このオルタネーターが全く機能しない場合、電力がなくなってしまうのでガソリン車の場合にはエンジンも止まってしまいます。

ガソリン車の場合、ガソリンの点火に電力を使っています。

一方トラックで一般的なディーゼルの場合は?というと

ディーゼルは燃料を噴射し、圧縮し高圧にすることで自力着火するので、構造的には、オルタネーターが壊れてもエンジンは一度掛かってしまえば止まらないということにはなりますが・・・・今の車はいろいろな電子制御が行われて、安全に燃費よく走れるように制御されているのでそれらが機能しなくなったり、また燃料ポンプが止まったりなどで結局のところエンジンも止まってしまうそうです。

大事なオルタネーターの寿命はどうやって知るの?

オルタネーターの異常が見られた場合、メーターパネル内のバッテリーマークが点灯する場合が多いようです。
あのバッテリーマークは、バッテリーに電力が供給されていませんよ!という警告灯なので、オルタネーターの故障が疑われるということになります。

また、走行中にオーディオが安定して使えなくなった、またガソリン車の場合であればエンジンの吹け上りが悪くなったなどという症状にも現れます。

非常に大事なパーツなので故障・交換の前兆にはしっかり対応したいですね。

 

寒冷地仕様トラック

トラックの中には、冬季の気温が非常に低くなる一部地域で販売されている特別仕様車「寒冷地仕様車」というものがあります。今週末も非常に強い寒波が迫っており、東北地方や北陸等日本海側を中心に太平洋側でも積雪が予想されていますことから、十分な警戒と対策が必要ですね。
さて、寒冷地仕様っていったい何が違うのでしょうか?日野 H16 プロフィア アルミウィング リアエアサス 画像3

寒冷地仕様車って?

 寒冷地仕様とは、低温下での使用を想定し、低温化でも快適にトラックが使用できるようにオプションが設定されたトラックのことです。北海道では寒冷地仕様が基本になっているようです。なので新車のカタログでは北海道のみ新車価格が違うというメーカーもあるようです。また、寒冷地仕様車は車種によっては防錆対策が一般車よりも強化されているため、海沿いの地域では塩害対策として寒冷地仕様車を購入する場合もあるようです。

具体的に何が違うの??

 さて、寒冷地仕様のトラックは、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • バッテリーの容量が大きい
  • 冷却水(クーラント)の仕様変更
  • 温度調整機(サーモスタット)の設定変更
  • ワイパーモーターの強化
  • 車内暖房の強化
  • 防錆性の強化

低温化ではバッテリーの性能が低下するうえに、暖房等で電気を消費することが予想されますのでバッテリーは通常よりも大型のものを積載しています。

また、除雪剤の主な成分は塩化カリウムであり、錆を発生させやすい働きがあるため、防錆対策が施されているようです。

日野 H16 プロフィア アルミウィング リアエアサス 画像13

寒冷地仕様車のメリット

  • バッテリーが一般的なトラックより強力
  • 車種によっては暖房やワイパー、防錆設備なども強化されている

寒冷地仕様トラックは低温化での使用を想定しているため、低温による車両のコンディションの不良を回避できる場合が多いので、たとえ北海道のような本当の寒冷地でなくともやはり冬は使いやすい仕様になっているということができるでしょう。

寒冷地仕様のデメリット

  • トラックの車両価格の高額化
  • 装備の重量増により、最大積載重量が減トンになる可能性がある

このような特徴をもった寒冷地仕様ですが、やはり冬には心強い仕様ということができそうですね。

本格的に寒くなる前にバッテリー点検が必要です

秋が深まり、紅葉等も見頃を迎えていますね。もうすぐ冬がやってくるのが肌でわかるように寒い日が少しずつ増えている気がします。
IMG_2435

さてトラック等に積載されているバッテリーは寒くなる前にしっかり点検をした方が良いのです。実はバッテリーは寒さに弱いのです。

バッテリーは寒がり?

新品バッテリーの場合でも温度によるパワー変化はおおよそ以下のようになります。

常温時         100%
気温0度          80%
気温マイナス20度     50%

これはあくまでの新品の時の場合の目安になりますので、数年使用したものであれば当然これよりも数値は悪くなります。
マイナス20度というと家庭にある冷凍庫の温度ですが、真冬に風に吹き曝しにされた場合、マイナス20度程度になることはしばしばあります。
さらに寒いのでオイル等も冷えて硬くなっているため、寒い時はエンジンを始動するのにいつも以上の力を必要とするのです。

バッテリーが上がってしまたらどうする?

バッテリーが上がってしまった時の対処には、3つの方法があります。

  1. ブースターケーブルを使って他の車から電気を少し分けてもらう
  2. 近くのガソリンスタンドや車屋さん・JAF等、プロの助けを借りる

1の方法は自分でできるので一番安価で、協力してくれる車のいる場合一番早い方法かもしれませんが多少の知識がいります。ジャンピングする際に、バッテリーの接続の仕方を間違ったり、取り扱いを間違えると感電や故障のリスクがありますので知識がない場合には2の方法が無難です。ただし、2の場合には主張料や交換費用・工賃などの費用が高額になる場合もあるので事前に確認してから利用した方がいいかもしれませんね。
UD H17 コンドル 低温冷凍車 実走65.7万km 画像19

バッテリーが弱くなっている時の前兆は?

  • セルモーターの回りが重くなる
    エンジンをかける際に「キュルキュル」とセルモーターの回転音がしますがこの「キュル、キュル」の音の間隔が長くなってきたら要注意
    (バッテリーが上がると、カチカチという音がしてエンジンが掛からなくなる)
  • 電気系機能の低下
    灯火類やパワーウィンドウの調子が変わってくる。
    アクセルの踏み加減や信号待ちでヘッドライトが暗くなる、パワーウインドウの動きが遅くなる、など。

またガソリンスタンド等でも無料点検をしてくれるお店もあります。機会があれば定期的に点検しておく方が安心ですね。

ワイズトラックでは良質な中古大型トラックや中古中型トラックを取り揃えて
皆様をお待ちしております。ワイズトラックホームページはこちら。

バッテリー液の補充方法など教えて!

バッテリー液を補充する方法や注意点などまとめ


 日常点検の項目にも 「バッテリー液の残量点検」とあります。
点検必須項目なので、重要な役割を持つバッテリー液ですが、減ってしまった時にはどのように対応すればよいのでしょうか??
バッテリーが不良だとエンジンも掛かりませんよね・・・・
UD H19 コンドル 低温冷凍車 格納PG  画像30

【バッテリー液が減る理由は?】
バッテリー液の補充方法について見る前に、バッテリー液の減少してしまう理由ですが、 バッテリー液は蒸留水と硫酸を混ぜあわせた希硫酸という成分であり、 充電と放電を繰り返しているうちに、電気を溜めるための化学反応が発生します。化学反応を起こすと、バッテリー液は酸素と水素の気体となり蒸発してしまいます。

【バッテリー液が減ると何が起こるの?】
   バッテリー液が規定量よりも少ない状態で使っていると、鉛製の金属部分が露出し、劣化が進みます。バッテリー内には気化した水素や酸素が発生するため、金属部分に発生する電気が放電した際に水素に引火し爆発するという危険性が発生します。
水素の爆発力というのは非常に大きいです。福島第一原発も爆発の第一原因は発生した水素に引火した水素爆発と言われていますよね。

バッテリー液はどうやって補充すればいいの?

【残量の確認方法について】
バッテリー液の残量はどうやってみれば いいのかを確認していきましょう。
バッテリー容器には、「LOWER LEVEL (下限の線)」と「UPPER LEVEL(上限の線)」があり、残量はその間 でなければいけません。

【補充の仕方は?】
 さて、残量の確認方法がわかったところで、いよいよ、補充方法に ついてみていきましょう。 バッテリー液の補充は難しいものではなく、次のような手順で おこないます。また、バッテリー液が目に入ると危険なので、 サングラスやメガネなど、目を保護できるものをかけておくと 安心です。

  1. キャップを外す 指で上面にあるキャップをつまみ、取り外します。もし指でつまめない場合は、マイナスドライバーや硬貨を使用すると良いでしょう。ものすごく硬くてびくともしない場合は、硬貨をペンチで挟みながら回すと緩められます。
  2. 液を入れる バッテリー上部には、6つほど補充する場所があるので、すべて「UPPER LEVEL」まで補充します。入れすぎてしまうと、溢れだして周辺金属の劣化や火災の原因となるので気をつけてください。

また、「UPPER LEVEL」がわからない場合は注水口から中を覗き、 中の金属板の見え方で判断してください。虫眼鏡で見たように、少し 歪んでいる場合はOKです。歪まずにまっすぐであれば、ちょっと少ない ので、慎重に注ぎ足してください。

液を補充しているときに注意することは?

【水道水の代用や火気について】
バッテリー液を補充する際は、火気厳禁です。 絶対にタバコなどの吸いながらおこなわないでください。また、金属工具が 接触すると火花がおきますので、注意してください。
ちなみに、巷では「水道水を入れてもいいの?」という疑問を抱いている方も 多いようですが、水道水には不純物が入っているため、バッテリー液の代用には 適していません。さらに、水道水を入れるとバッテリーの性能が低下する 可能性があります。それでも入れるならば、あくまで「自己責任」ですが、 やはりオススメはできません。

今年も残りわずかとなりました。
ワイズトラックでは皆様の安全運行を願い、より良い中古トラック、中古トレーラーを取り揃えてお待ちしております。お気軽にお問合せください。